NumberEYESBACK NUMBER

過去の失敗を糧に挑む
凱旋門賞、日本馬の勝算。
~ディープより有利な2つの理由~ 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS/AFLO

posted2010/10/02 08:00

皐月賞では岩田康誠で快勝したヴィクトワールピサ。武豊が鞍上に戻り世界制覇はなるか

皐月賞では岩田康誠で快勝したヴィクトワールピサ。武豊が鞍上に戻り世界制覇はなるか

 これまでヨーロッパ調教馬以外は勝ったことがない、凱旋門賞の高く、厚い壁を、2騎のサムライが打ち砕こうとしている。

 今年の第89回凱旋門賞(10月3日・仏G1・ロンシャン芝2400m)には、皐月賞馬ヴィクトワールピサ(牡3歳)と、宝塚記念を勝ったナカヤマフェスタ(牡4歳)の2頭の日本馬が出走する。かつて'69年のスピードシンボリから'08年のメイショウサムソンまで8頭の日本馬が参戦し、着外、18着、14着、2着、13着、17着、失格、10着。史上最強馬ディープインパクトでさえ、'06年に3位入線後、検体(尿)から薬物が検出され失格という苦い結果に終わっている。が、今年の2頭には「ひょっとしたら」と思わせてくれる要素がいくつもある。

 ヴィクトワールピサの鞍上は、海外通算100勝以上をマークし、これが5度目の凱旋門賞騎乗となる武豊。調教師は、'06年にオーストラリア最高峰のメルボルンカップで管理馬を1-2フィニッシュさせるなど複数の海外G1を勝っている角居勝彦。ナカヤマフェスタの騎手・蛯名正義と調教師の二ノ宮敬宇は、'99年の凱旋門賞で「勝ちに等しい」と言われた僅差の2着に健闘したエルコンドルパサーと同じコンビである。

過去、3歳馬が圧倒的に優勢。ヴィクトワールピサに勝機が?

 武は、日本の3歳馬として初めて凱旋門賞に出走するヴィクトワールピサに、大きな手応えを感じている。

「フランス語で『勝利』を意味する『ヴィクトワール』という馬名といい、トリコロールの勝負服といい、フランスで走るためにデビューしてきたような馬ですよね。弥生賞を勝ったとき、これならロンシャンでも勝負になる、と思いました」

 凱旋門賞では、4歳以上の牡馬が59.5kg、牝馬は58kgという重い斤量を背負わされるのに対し、3歳牡馬は56kg、牝馬は54.5kgで出走できる。斤量が1kg違うと1馬身ほどの差になると言われており、3.5kgの差はかなり大きい。ために、凱旋門賞では3歳馬が圧倒的に優勢で、過去10年で7勝、過去20年では実に15勝を挙げている。

 もうひとつ強調したいのは、2頭とも、9月12日に本番と同距離、同コースで行なわれた前哨戦に出走したことだ。3歳限定のニエル賞に出たヴィクトワールピサは、直線で一瞬、突き抜けそうな脚を使いながら、最後は失速して4着。直線でグーンと伸びたところが、あの馬の力が本物であることの証で、最後に力尽きたのは、ダービー以来3カ月半の休み明けだったぶんだろう。

<次ページへ続く>

【次ページ】 トライアルから中2週のステップも実は好条件?

1 2 NEXT
1/2ページ

ページトップ