SCORE CARDBACK NUMBER

理不尽な人員削減要求で、
暗澹たる厩務員の今後。
~競馬界に残された解決策とは?~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byYoko Kunihiro

posted2010/09/25 08:00

世界的に不況のあおりを受けている競馬界、人員削減以外の解決策が見つかる日は来るか

世界的に不況のあおりを受けている競馬界、人員削減以外の解決策が見つかる日は来るか

 調教師の経営手腕次第で無制限に馬を預かり、走らせることができた大らかな時代は、すでに伝説。現在のJRAは徹底した管理競馬を目指し、粛々と実行している。

 馬房の貸与数は基本的に20と決められていて、調教師が雇うことができる従業員(調教助手、厩務員、騎手)の数も合計で13人ときっちり定められている。ところが、ここへきて12人に減らしなさいというお達しが出てきている。これは馬主会サイドからの要望で、預託料の軽減がその目的という。

 馬主に請求される月々の預託料は、馬糧費より人件費が占める割合が圧倒的に高い。1人減らせば、請求額が少なくなるのは当然なわけで、馬主会の発言力の強さに対して、JRAがその希望に沿うための努力をしていると見せたがっているのが読み取れる。

 人減らしが簡単にできるはずはなく、JRAも強硬手段を推奨しているわけではないようだ。つまり、定年退職者が出たときに補充をしないことを推奨しているのだ。それなら簡単、と思うかもしれないがそうではない。すでにいまの時点で、厩務員になれる唯一の道としてJRA自身が運営している「競馬学校厩務員課程」の卒業生たちが厩舎に入れずに待機させられている状態であることを忘れてはならない。退職者が出ても補充の順番が回ってこないというのは、当事者たちには耐えられない現実だろう。しかも待機者たちには年齢制限があって、30歳を迎えた時点で厩務員になる道が断たれる。理不尽極まりない話ではないか。

騎手たちの引退後のキャリアにも深刻な影響を及ぼす。

 現役の騎手からも不安の声が漏れてきている。一部のエリートを除けば、騎手を引退したあとの職は調教助手。すんなり移行できていたそれが、これからはそうはいかない。ほとんどの騎手が厩舎に所属せずフリーとなった今、やめたら厩舎社会から離れなければいけない深刻な事態が予想されているのだ。

 競馬産業の頂点にいるJRAだからこそ、預託料の軽減はすべての相場に影響してしまう。現在月額60万円が相場のそれが下がれば、その裾野にいる地方競馬や育成場の預託料も下げざるを得なくなる。悪いスパイラルの始まりである。

 解決策は二つ。JRAが雇用の自由化を宣言するか、馬主会が矜持を示すかだ。

■関連コラム► 預託料軽減で懸念される、デフレスパイラルの可能性。 (10/02/03)
► 国際化のなかで密かに減らされた生産者賞。 (07/07/26)

ページトップ