SCORE CARDBACK NUMBER

引退直後にHC就任、
キッドの鮮やかな転身。
~NBA最強ポイントガード、指導者に~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/07/03 06:00

通算アシスト数はNBA歴代2位、トリプルダブル数は3位を誇る近代最高のPGだった。

通算アシスト数はNBA歴代2位、トリプルダブル数は3位を誇る近代最高のPGだった。

 ポイントガードは、1手先のプレーを読むことを求められるポジションだ。ジェイソン・キッドも、その能力に長けた選手だった。

 引退後の転身も鮮やかだった。6月3日に、19シーズンの現役生活を終えることを発表したかと思ったら、そのわずか9日後の6月12日に、古巣ブルックリン・ネッツのヘッドコーチに就任していたのだ。デロン・ウィリアムスやブルック・ロペスらオールスターがいて、プレイオフで競えるだけの戦力がそろったチームだ。引退直後、しかもコーチ経験のないキッドの抜擢に誰もが驚いた。

 しかし、キッド自身は少し前から引退後にコーチになることを考えて準備をしていたのだという。ダラス・マーベリックスで優勝する前年から、試合に関して気づいたこと、自分ならどんな采配をするかをメモとして書き残してきた。北京五輪では、出番が少なくてもチームのまとめ役として代表入りし、名将マイク・シュシェフスキーの采配を間近で見た。選手キャリアの終盤には、スターターを外れて控えとしての経験も受け入れ、控え選手の気持ちを理解したという。

ネッツのGMの心を動かした見事なプレゼンテーションと存在感。

「成功もしてきたけれど、うまくいかないこともあった。そういった選手時代の経験を、今度はコーチングに生かしたい」とキッドは言う。

 ヘッドコーチ候補としてネッツのビリー・キングGMと面接したときには、チームとしての戦い方、選手の能力の生かし方などについて、具体的で詳細な話をした。その見事なプレゼンテーションと存在感の大きさが決め手となった。

 キングは言う。

「ブルックリンを体現するコーチを探していた。競争心が強く、タフで、勝つことに情熱をかけられる人。ハードワークを選手に教えられる人。ジェイソンは私たちが求めていた資質を備えていた」

 キッドは、ヘッドコーチ経験があるアシスタントコーチを雇い、彼らの力にも頼るつもりだという。19年のNBA経験を重ねた自信とともに、ルーキー・コーチらしい謙虚さも持って初仕事に向かう。

 そんなキッドが、あらかじめやらないと宣言したことがひとつだけある。

「スーツの下にユニフォームは着ない。僕が走るのはトレッドミルの上だけ。コートで走るのは選手たちにまかせるよ」

関連コラム

ページトップ