SCORE CARDBACK NUMBER

ラマダンも「ダイジョウブ」。
親方も動かす大砂嵐の熱意。
~初のアフリカ出身関取誕生~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2013/06/20 06:00

ラマダンも「ダイジョウブ」。親方も動かす大砂嵐の熱意。~初のアフリカ出身関取誕生~<Number Web> photograph by KYODO

ラマダンは自分で夜食を作ったり、近くのマクドナルドに行ったりして乗り越える予定だ。

 初のアフリカ大陸出身、エジプト人関取が誕生した。その名も大砂嵐金太郎という。初めてちょんまげを結って土俵に上がった5月場所では、東幕下7枚目の地位で7戦全勝優勝。元大関小錦、把瑠都と並ぶ最速タイ記録、所要8場所での十両昇進だ。

 11歳からウエイトリフティングを始めた189cm、145kgの筋肉質の体で、母国ではジムのトレーナー経験もあるという。インターネットで見た貴乃花に憧れて15歳から相撲を始め、'08年の世界ジュニア選手権個人無差別級、'10年の同重量級で、3位に入賞した実績を持つ。

 2年前、日本の大相撲界に憧れ、複数の相撲部屋に入門志願の手紙を送るも、返信はなかった。唯一、断りの返事を送ってきたのが大嶽部屋だったという。その後、2度の来日で直談判。「横綱になりたいという、彼の夢をわれわれはサポートするだけ」と、大嶽親方がその熱意を買った。しばらく部屋での生活ぶりを観察され、昨年3月に、やっと夢叶い、初土俵を踏んだのだった。

「体は硬いし、腰高でけしていい相撲とは言えないけれど、先場所は、その体なりのいい相撲は取れていたと思う。これからも、突っ張って先手を取って攻める相撲を磨かせたい」

 そう大嶽親方は言うが、そのスピード出世ゆえの心配もある。

来場所はラマダンと重なるが、真面目な大砂嵐は「我慢、大事」。

「相撲界独特のルールや、関取としての自覚など、どうやって教えていけばいいんだろうと……。今までも、たぶん本人は理解してないこともたくさんあったはず。でも、毎日毎日繰り返せば、伝わって行くだろうと思っています」

 来場所7月は、ちょうどイスラム教徒のラマダン――断食の月と重なるが、日没後の食事は可能なのだという。

「昨年は夜中に起きて食べてたみたいだけど。ラマダン、大丈夫?」

 親方の問いかけに、大砂嵐が大きな目を輝かせて答えた。

「ダイジョウブです。親方が、相撲は心が一番大事(と言った)。我慢、大事。ラマダンも一緒。相撲界のルール厳しくてすごくビックリ。でも相撲好き。親方が好き。厳しいルールも我慢する」

 周囲の誰もが「真面目で素直」と評す大砂嵐。ピラミッド柄の化粧まわしを締めて、ラマダンの月に関取デビューだ。

関連コラム

関連キーワード
大砂嵐

ページトップ