SCORE CARDBACK NUMBER

正念場を迎えた大相撲。
秋場所までに抜本改革を。
~「国民的娯楽」への再生は可能か~ 

text by

服部祐兒

服部祐兒Yuji Hattori

PROFILE

photograph byJMPA

posted2010/08/30 06:00

千秋楽も空席の目立った名古屋場所。9月12日初日の秋場所前売り券も芳しくない売れ行き

千秋楽も空席の目立った名古屋場所。9月12日初日の秋場所前売り券も芳しくない売れ行き

 野球賭博により緊急事態に追い込まれた相撲界。賛否両論渦巻く中で、開催された名古屋場所は、異例ずくめだった。番付発表延期、十両以上の力士と親方参加の土俵祭り、NHKの生中継中止、天皇賜杯など協会以外の表彰辞退等等。入場者数は前年比9%減の9万4900人、満員御礼は8回から4回に半減した。懸賞の数も1033本から242本に激減し、呼び出しの着物からは広告が消えた。延べ155人もの愛知県警警察官が厳重警戒を敷く物々しい雰囲気の中での15日間となった。

 相撲は白鵬の独り舞台だった。横綱相撲を取りきり、15日制になって初の3場所連続全勝優勝を達成。連勝記録は史上3位の47に伸ばした。場所前、今回の件で心に「大きなひび」が入ったと語った白鵬。表彰式では、その目から涙が溢れ出た。「やっぱりこの国の横綱として、力士代表として、賜杯だけは頂きたく……」。今までとは質の異なる重圧をはねのけての優勝。苦悩が大きかった分、優勝の価値を実感できない無念さ、やるせなさを抑え切れなかったに違いない。辛うじて名古屋場所は幕を閉じたが、大相撲はこれからが正念場である。

力士出身者の反発もあるがタブー無き改革が望まれる。

 暴力団関係者との接触疑惑は、場所中も次々に表面化し、期待される新興部屋にも疑惑は及び、問題の根深さが浮き彫りとなった。今や大相撲への信頼は完全に地に落ち、その再生を危ぶむ声すら出始めた。地域の清掃活動や老人施設の慰問なども大切だが、協会全体の抜本的改革が目に見える形で示されなければ、もはや大相撲が国民的娯楽として受け入れられることは無いだろう。

 外部委員による「ガバナンスの整備に関する独立委員会」は7月31日に、罰則付きの禁止規定を設けた暴力団排除対策のたたき台の骨子を協会に提示した。その内容は、維持員席問題を含めた暴力団との交際の禁止、違法賭博の禁止など数項目に及ぶ。今後は更に踏み込んだ、協会の組織運営を大幅に見直す辛らつな提言もなされるに違いない。力士出身者からは反発も予想されるが、今はすべてをゼロから考え直す時期。聖域やタブー無き改革が望まれる。

 秋場所までに、力士やファンを含むすべての人が相撲を楽しめる環境が整うか。制限時間一杯である。

■関連コラム► 名古屋場所は開催すべきだったのか?(言わせろ!ナンバー 結果レポート)
► 若手日本人力士を育成するための積極策を。~相撲人気復活の切り札とは?~

ページトップ