Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<CSKA監督&選手が語る本田圭佑> レオニード・スルツキ 「私はホンダに攻撃の自由を与えている」 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2013/05/29 06:01

<CSKA監督&選手が語る本田圭佑> レオニード・スルツキ 「私はホンダに攻撃の自由を与えている」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama
各国の代表が名を連ねるCL常連の強豪クラブにおいて、
本田圭佑は、気が付けば“替えの利かない選手”になっていた。
モスクワの地で、国籍と言葉の壁を超えてリスペクトされる
男の素顔が指揮官とチームメイトの証言により、浮かび上がる。

 本来であれば、本田圭佑はもっとロシア語を勉強すべきだったのかもしれない。

 スルツキ監督は残念そうに言った。

「ホンダはロシア語を少し話せる。けれど、期待しているほどには良くならなかった」

ロシア語を話せる本田だが監督としては「まだまだ物足りない」。

 CSKAの練習中、本田は「ダーバイ!」(さあ行くぞ)といったロシア語をよく口にするし、約2年前、モスクワのカフェで取材したときには、ロシア語で淀みなくエスプレッソと水のセットを注文してくれた。一般的な日本人に比べたら、かなり話せる方である。ただ監督からすると「まだまだ物足りない」ということなのだ。

 ロシア代表MFのザゴエフも、監督と同じように感じていた。

「ホンダとは英語で話すんだけど、こちらの英語力に限界がある。どうしてもロシア語のグループと、英語のグループで分かれてしまうんだ。ホンダはサインを頼んだら絶対にしてくれるし、すごくやさしい。でも、言葉が通じないと、黙っている時間が長くなるよね」

 本田から「パパ」というあだ名で親しまれている37歳のラヒミッチも、「あまり会話はないんだよなぁ」と惜しんでいた。

 だが、あくまでそれは“ロシア語グループ”からの印象である。

英語で話す選手は「ホンダはよく声をかけてくれる」と慕っていた。

“英語グループ”の選手に聞くと、日本代表にいるときとほぼ変わらない、生き生きとした本田の姿が浮かび上がってくる。

 ナイジェリア代表FWのムサにとって、本田は師匠のような存在だ。

「ピッチの中でも外でも、ホンダはよく声をかけてくれるんだ。オランダのフェンロでプレーしていたという共通点もあるからだと思う。特にプレー面のアドバイスをくれるのが嬉しい。シュートの打ち方とか、パスを引き出すための動きを教えてくれる。そういう動きをすると、彼から本当に正確なパスが来るからね。試合中も落ち着かせてくれるし、すごく成長に役立っている」

 南アフリカ出身でチリ代表MFのゴンサレスも、本田とよく会話を交わすひとりである。大阪人とラテン系は感性が似ているのかもしれない。すぐに意気投合した。

【次ページ】 チリ代表MFが驚くほどスペイン語も上達している!

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
レオニード・スツルキ
本田圭佑
CSKAモスクワ

ページトップ