私とDo 特別編BACK NUMBER

<ランの着地、かかとorつま先?> 金哲彦×吉野剛×善家賢 「フォアフット論争を決着せよ!」 

text by

前田成彦(Office221)

前田成彦(Office221)Naruhiko Maeda

PROFILE

photograph byMiki Fukano

posted2013/04/04 06:01

<ランの着地、かかとorつま先?> 金哲彦×吉野剛×善家賢 「フォアフット論争を決着せよ!」<Number Web> photograph by Miki Fukano
「着地はかかとから」という常識は、覆されるのか。
話題のフォアフット着地の是非を検証するために、
ディープな見識を持つ3人が、議論を尽くした。

好評発売中の雑誌Number Do『フルマラソン 100人のマイ・ルール~42.195kmを賢く走ろう~』より、特別公開します!

 走る時は常にかかとから着地する。昨今、そんな「常識」への異論が唱えられている。

 きっかけは'09年にアメリカでベストセラーとなり、日本でもランナーを中心に大きな話題になった『BORN TO RUN』だ。この本に書かれているのが、つま先着地によるフォアフット走法の優位性。これまで常識とされてきたかかと着地は実はケガを招くもので、つま先着地ならば人間が本来持つ足底のアーチやアキレス腱の弾力性を利用したケガのない走りができる、というのが要旨だ。

 でも、それを実際に市民ランナーができるのか? 今回はそんな「フォアフット論争」を決着すべく、3人の論客が集まった。

つま先とは拇指球から小指球辺りで、指先は入らない点に注意。

金哲彦 Tetsuhiko Kin
早大時代に箱根駅伝5区などで活躍、実業団の監督などを経て現在はプロランニングコーチ。『「体幹」ランニング』など著書多数。

   フォアフット論争の火付け役は間違いなく『BORN TO RUN』ですよね。膝を痛めたランナーである著者が多くの出会いを経て、裸足で50マイルレースを完走する、という物語の中、フォアフット走法に対する様々な考察がなされてます。吉野さんはソールの薄い5本指シューズによる「裸足感覚ラン」の普及活動をなさってるんですね。

吉野   はい。まず話をはじめる前に、「フォアフット着地」について定義させて下さい。一般的につま先での着地といわれますが、僕らの間でつま先とは、拇指球(親指の付け根部分)から小指球(小指の付け根部分)の辺りで、指先は入りません。よく誤解を生む言葉だと思うので最初にお伝えしておきます。

   おっしゃる通りですね。その前提で今、市民ランナーの間でのフォアフット走法の認知度はいかがですか。

吉野   確実に高まっていますし、みんな気にはなっているようです。でも走り方を変えねばならないし、ケガが怖い、ビギナーだからまだ早い、と考える方が多いのが現状です。

   僕の周囲も同じです。興味を持つ人が増えたのは確かですが、挑戦する勇気はなく、今は正直、様子見。そんなイメージです。

吉野   あくまで走法の一つで、本来、上級者向けのものではまったくないんですが。

【次ページ】 アフリカ人ランナーの多くがフォアフット走法だった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
私とラン
金哲彦
吉野剛
善家賢
パトリック・マカウ

ページトップ