NumberEYESBACK NUMBER

競馬全盛期の立役者、
オグリキャップ逝く。 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

photograph byTomohiko Hayashi

posted2010/07/18 08:00

競馬全盛期の立役者、オグリキャップ逝く。<Number Web> photograph by Tomohiko Hayashi

最高の感動を与えた有馬記念。最後までドラマチックな馬だった

 まったく見ず知らずの人と抱き合ったことがある。あとにも先にも、そんなことをしたのはその一度きりだ。いつだったかははっきり覚えている。1990年12月23日。時刻は午後の3時半を過ぎたあたり。声を出したことも記憶している。こちらも相手も、「オグリ、オグリ」と叫んでいた。

 オグリキャップが最後に勝った有馬記念ほど幸福感にあふれたレースを知らない。オグリキャップの単勝人気は上から4番目。記念に100円だけ持っていた人も多く、大きく儲けた人はいなかったろう。こちらのポケットにもオグリキャップの馬券は1枚も入っていなかった。懐は痛い目に遭ったのに、声をからして損をさせた主の名前を叫ぶ。考えてみれば不思議なことだ。しかし、損得を忘れ、みんなが叫んでいた。

 その年の秋のオグリキャップはひどかった。負けても惜敗しかなかった馬が、天皇賞でもジャパンカップでも掲示板にも載らない惨敗を喫していた。有名評論家の「引退勧告」が当然のことのように思われた。

 デビュー4年目の若き武豊が、最後の有馬記念に乗ってきたのは、名馬のラストランへのはなむけにしか見えなかった。どうせ勝負にはならない。オグリキャップは終わった馬なのだ。

オグリキャップは人になにかをもたらす特別な馬だった。

 ところが、ゆるい流れの中で好ポジションをキープしたオグリキャップと武豊は、4コーナーで外からスーッと上って行き、いつの間にか先頭に立っていた。あとは観客の絶叫だけ。誰もが心の中で望んでいて、しかし、現実には絶対起こらないだろうと思っていたことが実際に起こった。すべての外れ馬券が一瞬で当たり馬券になったような幸福感。あんな経験はもう二度とないだろう。

 オグリキャップの勝ったGIは4つである。立派な成績だが、ディープインパクトやシンボリルドルフと比較すると数字の上でははっきり劣る。しかし、オグリを負かしたのは、タマモクロス、スーパークリーク、イナリワン、ホーリックスなどみな歴史に名を刻む名馬だった。その相手と1600mから2500mまで中央だけで20戦して、複勝馬券の対象から外れたのはわずか3回しかなかった。

 公営笠松時代の安藤勝己、中央に来てからの河内洋、岡部幸雄、南井克巳、そして武豊。手綱を取った騎手は、歴代の名手ばかりである。名手の手綱に導かれて活躍できたことはたしかだろうが、反対に、オグリキャップのほうが名手のなにかを引き出したことも間違いなくあったはずだ。人になにかをもたらす点で、特別な馬だった。

【次ページ】 引退式は、笠松、京都、東京の三カ所で行われた。

1 2 NEXT
1/2ページ
関連キーワード
オグリキャップ

ページトップ