フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

三者三様の才能と個性が輝いた!
世界フィギュア女子に見た醍醐味。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/03/19 13:15

三者三様の才能と個性が輝いた!世界フィギュア女子に見た醍醐味。<Number Web> photograph by Getty Images

自らの演技に十分な手応えを感じた浅田は、大会終了直後に、ソチ五輪が控える来季の振り付けを今季同様ローリー・ニコル氏とタチアナ・タラソワ氏に依頼することを発表した。

「SPで6番になってしまったとき、去年の世界選手権でも6番で、今までやってきたことは何だったのだろうと思いました。でも2シーズン後に(表彰台へ)戻ってこられてすごく嬉しいです」

 浅田真央は、ロンドン(カナダ)で開かれた世界選手権の記者会見でそう語った。穏やかで落ち着いた、良い表情をしていた。

 今シーズン出場した試合すべてで勝ち続けて、2月の四大陸選手権では封印していた3アクセルもきれいに決めた。だが今大会のSPでは冒頭の3アクセルを決めたものの、フリップが回転不足になり、最後のループジャンプがパンクして1回転になってしまうというミスがあった。

 今シーズン初めて顔を合わせるキム・ヨナ、カロリナ・コストナーらとメンバーが揃った中で、全員がノーミスで滑ったらどのように採点されるかを見たかっただけに、残念だった。

3年ぶりに世界選手権の表彰台に返り咲いた浅田真央。

 それでも得点は62.10を得て、ノーミスで滑って5位だったアシュリー・ワグナーとわずか1.88差だった。それも今シーズン、浅田が着々と築き上げてきた5コンポーネンツ(スケーティング技術、音楽表現など)の評価の高さのおかげである。

 フリー「白鳥の湖」のときは、直前の6分間ウォームアップで佐藤信夫コーチも驚くような完璧な3アクセルをきれいに決めた。本番では両足着氷になったものの、回転は回りきった。次に予定していた3フリップ+3ループのコンビネーションがフリップの着氷でバランスを崩して単発になったことは勿体なかったが、後半の2アクセル+3トウループなども成功させて最後までよくまとめた。

 フリーは2位、総合3位で3年ぶりに世界の表彰台に返り咲いた。

「今日のフリーは練習してきたことを出そうと思ってやった。3アクセルと3+3は悔しかったけれど、そこから気持ちをうまく切り替えることができて良い終わり方ができました。充実したシーズンだったと思います」

 勿体ないミスもいくつかあったが、シーズンを通して戦い続け、表彰台に乗り続けた浅田真央は、満足げな表情でそう締めくくった。

【次ページ】 3年前と変わらぬ演技。圧巻の強さを見せたキム・ヨナ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
浅田真央
キム・ヨナ
カロリナ・コストナー
アシュリー・ワグナー
村上佳菜子
フィギュア世界選手権
ソチ五輪

ページトップ