野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

球界最強のモノマネ王が引退――。
DeNA高森勇旗の“ビミョー”な去り際。 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byHidenobu Murase

posted2013/01/29 10:30

球界最強のモノマネ王が引退――。DeNA高森勇旗の“ビミョー”な去り際。<Number Web> photograph by Hidenobu Murase

斎藤佑樹、田中将大と同学年。モノマネのレパートリーはイチロー、小笠原道大など幅広い。写真は、昨年11月にKスタ宮城で行われたトライアウトに挑んでいた時の高森。

「ホームラン、最高の感触でした! 自信はあったんですよ。今年の後半戦にトレーニング法を代えたのがバッチリハマって、そっから調子上がってきていたんで。10月2日にクビになってから、キャンプまでの4カ月の間をこのまま必死に練習すれば、すっげぇ選手になれんじゃないかなって、そう思っているぐらいですから」

 昨年の11月9日。Kスタ宮城で行われたトライアウトで参加者中唯一のホームランを放った高森はそんな言葉でおどけてみせた。

 高森勇旗。

 彼ほど実績と人気のギャップがある選手は珍しい。2006年、中京高校から高校生ドラフト4巡目で横浜ベイスターズに入団するもプロ6年間での一軍出場は'09年のわずか2試合、通算成績も4打数1安打……にもかかわらず、この選手には異常な程に人を惹きつける魅力と華があった。

 打者として一時は「鈴木尚典2世」とも呼ばれ、次世代の中軸打者としての期待を受けた左の長距離砲。横須賀に行けば、スタンドにいてもそれとわかる大声を張り上げる元気と、ベンチの中ではチームメートにちょっかいを出しては笑顔を生む明るい性格が手に取るようにわかった。

 さらにグラウンドの外に出れば、ファン一人一人に丁寧に応対する真摯な姿勢と謙虚な物言い。そんな態度がファンの心を捕え、いつしか横須賀には“高森会”なる熱狂的応援組織まで登場するのだが、その人気はやがて横須賀に留まらず他球団ファンにも伝播していく。

木塚コーチも舌を巻いた、細かすぎる「モノマネ」の実力。

 なぜ一軍にもほとんど上がったことのない選手が、そこまでコアな人気を得ることになったのか。その契機となったのは、プロ野球選手の形態模写。いわゆる「モノマネ」である。

 動画サイトで高森勇気(改名後に“勇旗”)と検索すれば、数多のモノマネ動画がヒットする。特に'10年のファン感謝デーにおける動画は現在11万回再生とべらぼうな数字をたたき出しているのだが、高森の野球選手モノマネは、現役選手でありながら、これまであったモノマネのクオリティを一段超えた珠玉の芸なのだ。

 その評判は選手間でも話題となり、森本稀哲などは帝京高校の先輩・石橋貴明氏に推薦したいと絶賛し、モノマネが「本人以上に似ている」と評判の木塚コーチもこのトライアウトに挑む際に「他のチームに入って、俺のモノマネを広めてくれよ。高森がモノマネをしてくれることで、野球界に俺の記憶が続いていくんだから」なんて言葉を送ったそうだ。

【次ページ】 「ぐっさんと武井壮と栗山監督を足して3で割った感じ」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/6ページ
関連キーワード
高森勇旗
横浜DeNAベイスターズ
佐伯貴弘

ページトップ