プレミアリーグの時間BACK NUMBER

アーセナル8季連続の無冠濃厚……。
それでもベンゲル退任が無い理由。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/01/14 08:01

アーセナル8季連続の無冠濃厚……。それでもベンゲル退任が無い理由。<Number Web> photograph by Getty Images

年明け1月1日アウェイでのサウサンプトン戦に臨むベンゲル監督。この試合に引き分け、12月からの4連勝がストップした。

 タイトルに縁のないシーズンが続くアーセナルで強まる、アーセン・ベンゲルの限界説。

 クラブに心血と金銭を注ぐサポーターの間で、燻っていた不満が表面化し始めただけではなく、中立的立場のメディアまでもが、ベテラン監督を「現実が見えていない」などと叩く機会が増えている。

 去る12月のリーグカップ戦で4部のチームに敗れると、『タイムズ』紙は、過去の栄光にしがみついているだけ」と、アーセナル在籍17年目となる指揮官を非難した。「リーグカップ優勝よりもCL出場権獲得の方が重い」というベンゲルの口癖も、各紙で「身勝手な幻想」として否定されるようになった。

 もっとも、メディアの論調は手の平を返すように変わる。

 リーグカップ敗退で、8年連続無冠が濃厚と言われる今季のアーセナルにしても、3試合連続無失点でスタートしたリーグ序盤戦では、その堅守が讃えられていた。かくいう筆者も、後方の変化がもたらす優勝争いの可能性を説いた口だ。

 ところが、シーズン折り返し地点を迎える頃には、得点もするが失点もする、従来の姿に戻ってしまった。年末のニューカッスル戦(7-3)で、3度もリードを帳消しにされた乱打戦が、その好例だ。 結果的にアーセナルは、首位に16ポイントも引き離されたリーグ5位で年を越した。

実績を考えればファンも経営陣も文句は言えない!?

 堅守説になびいた反省からというわけではないが、それでも考えれば考えるほど、巷のベンゲル退任要求はナンセンスに思えてならない。

 まず、アーセナルでの過去は、仮に本人が「すがっている」のだとしても、周囲は全く文句を言えないレベルにある。

 ベンゲルの功績は、就任後初のフルシーズンに達成した1998年の二冠と、2004年の無敗優勝というハイライトを含む、合わせて7度のリーグ優勝とFAカップ優勝だけではない。ベンゲルの就任がなければ、選手の栄養管理や最新鋭の練習施設の開設において、アーセナルがプレミアで先駆者的な立場となることはなかっただろう。欧州大陸からのトレンド到来を待つまでもなく確立された、ショートパス主体の攻撃サッカーは、タイトル獲得の有無にかかわらず、クラブ関係者とファンが胸を張れるプライドの源だ。

【次ページ】 確かに無冠ではあるが、毎年好成績なのは間違いない。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
アーセン・ベンゲル
アーセナル
アンドレイ・アルシャビン
セオ・ウォルコット
アレックス・オクスレイド・チェンバレン
アーロン・ラムジー
カール・ジェンキンソン
ジャック・ウィルシャー

ページトップ