私とDo 特別編BACK NUMBER

タニタランナーズクラブ・深山知子 「走って、子供に負けない体力を」 

text by

林田順子

林田順子Junko Hayashida

PROFILE

photograph byMiki Fukano

posted2012/11/15 06:00

タニタランナーズクラブ・深山知子 「走って、子供に負けない体力を」<Number Web> photograph by Miki Fukano
「社員食堂」など、日本人の健康に大きな貢献をしているタニタ。
その社内にあるタニタランナーズクラブに所属するママさんランナーの
深山知子さんが、子育てと仕事の上手な両立方法を伝授!

10月4日(木)発売の雑誌Number Do『秋のランニング特集 忙しい人ほどよく走る!~あの人はいつどうやって走っているのか?~』より、特別公開です!

 20余年の歴史を持つタニタランナーズクラブに籍を置く深山さん。仕事と子育ての合間を縫って走る日々は新たな出会いの連続だ。

 走り始めたのは4年前。男の子が2人いるんですけど、上の子が小学校に入学した頃から、体力がついていかなくなって。でも、子供には絶対負けたくない! と思ったんですね(笑)。ただ、スポーツをしようと思っても、子育てをしながらだと、ジムに通ったりするのは難しい。では自分にできるものって何だろうと考えたときに、ランだったら空き時間にふらふらっと行って、ちょこちょこっと走って帰ってこれるなって。

子供たちが起き出す5時前に走ってから、朝ご飯の支度をします。

 走るのは早朝、子供たちが起き出す前。4時半には起きて、5時前に走りに行きます。6時頃に帰って朝ご飯の支度をして、子供たちを送り出したら出勤です。出産してからというもの、子供を寝かしつけながら、一緒になって寝ちゃうことが多くて。今でも夜10時には寝ているんです(笑)。だから自然に朝方、目が覚めます。

 走り始めた当初は、ストレッチもフォームも、練習方法も、どうしたらいいか全然分からなくて。誰かに教わらなきゃ、ってアタフタしてましたね。それでホームページやSNSで練習会などを探して参加してみようと思ったんです。最初に参加するときは怖かったですね。ネットでの集まりに参加することなんて今までなかったですし。でも思いきって飛び込んだら、楽しくて。

 もちろん、会によっては合わなくて、1回で行かなくなったところもありました。でも大概は、走るという共通点があるから、すぐに打ち解けられるんです。偶然にもワーキングマザーだったり、年が近かったり……自分と同じような方と出会うと、すっごい盛り上がれて。走り終わった後に、お茶に行くこともありますね。

【次ページ】 忙しい生活の中で、ひとりになれるランニングの時間。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
私とラン
深山知子
タニタランナーズクラブ

ページトップ