野ボール横丁BACK NUMBER

日本人は大谷翔平をまだ知らない!?
“国民的スター選手”になる条件。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS/AFLO

posted2012/10/24 12:20

日本人は大谷翔平をまだ知らない!?“国民的スター選手”になる条件。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS/AFLO

10月21日、メジャー行きの決定を清々しい表情で表明した大谷翔平。その健やかな大志こそ、最優先で保障されるべきものである。

 ひとつの危惧がよぎった。

 10月21日、花巻東の160キロ右腕、大谷翔平が「高卒、即メジャー入り」というルートを希望すると発表した。その一報を聞いた時、彼はたとえメジャーで活躍しても、野茂英雄や、イチロー、そして松井秀喜といった国民的なスターにはなれないのではないかと思った。

 大谷の決断について、とやかく言うつもりはないし、むしろ、その勇気を讃えたいとさえ思っている。

 ただ、いかんせん、我々は大谷のことをまだ知らなさ過ぎる。

野茂、イチロー、松井には、日本での“物語”があった。

 野茂も、イチローも、松井も、日本でさまざまなドラマを演じ、それに対し、我々は共感したし、ときに反発も覚えた。そのぶん、彼らが海を渡った後も、感情移入できたのだ。活躍すれば歓喜し、不調が続けば落胆した。

 3年前、花巻東の先輩である菊池雄星(西武)が同じように「アメリカか、日本か」で迷っていた時は、メジャー挑戦もおもしろいと思った。彼は3年時に春夏連続で甲子園に出場し、春は準優勝、夏はベスト4に導き、ある意味、試合数以上の物語を見せてくれた。だから、我々も彼の挑戦に対し共感できると思ったのだ。

 一方の大谷は、甲子園に出場したのは2年夏と3年春の2回で、どちらも初戦で敗れている。ほとんどの日本人にとっては印象が無いも同然である。

日本人は、まだ田澤のニュースにどう反応していいか分からない。

 もし、大谷がこのまま海を渡ったら、レッドソックスの田澤純一と同じ状況になりはしまいか。

 田澤も、ドラフト1位候補でありながら、日本球界を経ずに新日本石油ENEOSから直接アメリカ球界入りした。

 田澤が歩んでいる道は、非常に魅力的である。ただ、我々は、田澤の情報に対し、まだどう反応していいかわからない面がある。それは日本人が田澤に関する物語をほとんど持っていないからだ。

【次ページ】 日本人は知らないのに、米国では有名な選手になる!?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
花巻東
大谷翔平
菊池雄星
田澤純一
ボストン・レッドソックス
北海道日本ハムファイターズ

ページトップ