熱パ!クライマックス劇場BACK NUMBER

松田宣浩を封じて日本Sへ王手!
日ハムの“陰の功労者”鶴岡慎也。  

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2012/10/19 11:55

松田宣浩を封じて日本Sへ王手!日ハムの“陰の功労者”鶴岡慎也。 <Number Web> photograph by Kyodo News

10月18日CSファイナル第2戦、6回のソフトバンクの攻撃。内川の中飛で松田が本塁に走り込み、鶴岡がタッチアウトにとった場面。

「最初にアクセルを踏めるかどうか。2戦目までの入りが重要」

 クライマックスシリーズ・ファイナルステージを目前に控え、日本ハムの栗山英樹監督はそう自軍の展望を語った。

 チームは出だしから快調にアクセルを踏み、ファイナルステージ2戦を終えた時点で2勝。1位通過チームに与えられる1勝のアドバンテージを含めると3勝となり、一気に日本シリーズへ王手をかける形となった。

 これまでの2戦を振り返れば、何といっても糸井嘉男の働きが大きかった。初戦では勝利を手繰り寄せる同点2ランを7回に放ち、第2戦では先制の口火を切る初回の三塁打に、ダメ押しとなる7回の2ランと、まさしくMVP級の活躍を見せている。

 ただ、ゲームを制するためには、表の存在と同じくらい陰の存在の働きも重要なファクターとなってくる。

「表の功労者」は間違いなく糸井だ。そうなると、「陰の功労者」はキャッチャーの鶴岡慎也になるだろう。

 日本ハムがアクセルを弱めることなく、かといって強く踏みすぎることなく戦え、連勝という最高のスタートを切れた背景。そこには、「グラウンド内」の監督である鶴岡の巧みなリードがあった。特に、先発投手に対する配球は抜群だった。

1番・松田宣浩をどう抑えるかが、ソフトバンク攻略の大きな鍵だった。

 なかでも顕著だったのが、ソフトバンクの1番・松田宣浩への攻め方。ここが、試合の流れを作る大きなポイントとなった。

 日本ハムの初戦の先発は吉川光夫。レギュラーシーズンの投球からすれば、威力のあるストレートで押してもよかったはず。

 しかし、鶴岡はそれをしなかった。

「チームの起爆剤になれるように元気づけるスイングを心掛けたい」

 もしかしたら彼は、ファーストステージでそう語っていた松田の積極性を考慮していたのかもしれない。

【次ページ】 第1戦、第2戦ともに絶妙なリードで試合を作った鶴岡。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
北海道日本ハムファイターズ
栗山英樹
福岡ソフトバンクホークス
秋山幸二
糸井嘉男
松田宣浩
鶴岡慎也
吉川光夫
武田勝

ページトップ