SCORE CARDBACK NUMBER

デビューから2年8カ月。
苦労人が作った“大記録”。
~全日本プロレス・中之上靖文~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/10/15 06:00

デビューから2年8カ月。苦労人が作った“大記録”。~全日本プロレス・中之上靖文~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

元3冠ヘビー級王者で同期入団でもある浜亮太から初勝利をもぎ取った中之上。その後、一気に2連勝を飾っている。

 全日本で、川田利明の1年3カ月、越中詩郎の1年11カ月を大幅に更新する、デビュー2年8カ月にして初勝利という稀な“大記録”が生まれた。筆者の知る限り、60年の歴史の中で、日本のプロレスが始まって以来の珍事件だ。

 9月8日、東京・後楽園ホール。GAORA TVチャンピオン初代王者決定トーナメント1回戦で、200kgの巨漢・浜亮太を6分21秒、横入り式エビ固めで破った中之上靖文である。

 浜のコーナースプラッシュをかわし、丸め込んで勝った中之上。「今まで後輩に負けていたのが悔しかった。見返してやろう、という思いはずっとありました」というコメントに、入団して4年半の辛抱と我慢の想いが総て込められている。

 中之上は2回戦・準決勝(10月7日)でフリーの外敵・宮本和志と激突。締切りの関係で結果はわからないが(※7分10秒、横入り式エビ固めで勝利)、1回戦で元3冠ヘビー級王者から逆転勝ちした価値は大きかった。

アニマル浜口ジム出身、針灸免許を持つ異色の26歳レスラー。

 グリーンのタイツとニーパッドが売りの中之上は'86年6月14日、大阪府箕面市生まれ。高校では野球部でレギュラーの一塁手だったが、「高校は無名ですから!」と何事も控えめだ。

 アニマル浜口ジムで3年間トレーニングを積み、'08年1月「武藤塾番外編」新人オーディションに合格。同年4月に全日本入りした苦労人である。しかも入団が決まったときに、針灸の免許試験にも合格という異色ぶり。プロレスをやめても食いっぱぐれはない。

 軽量と怪我に泣かされて下積みの長かった小川良成(ノア)が世界ジュニアヘビー級王座を獲得した時、御大ジャイアント馬場が「努力した者は報われる」とひと声かけたことがあった。その光景を想い起こさせてくれる選手である。

 甲子園出場を目指した高校球児出身者には叩き上げが多い。越中詩郎、棚橋弘至、ノアの金丸義信は控え投手ながらも山梨学院大附属高でセンバツに出場している。大日本の関本大介も、高知の明徳義塾高野球部出身だ。

「得意のポスト上段からのエルボードロップをもっと磨きたい」と生真面目に抱負を語る中之上。この1勝を機に、高校球児だった先輩たちに一歩でも近づき、早く合宿所生活を卒業してほしい。そんな応援をしたくなる26歳の好青年だ。

関連コラム

関連キーワード
中之上靖文
浜亮太
全日本プロレス

ページトップ