ロンドン五輪代表、最大の挑戦BACK NUMBER

完全に韓国の術中にハマった日本。
U-19、五輪、2大会連続敗北の現実。  

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byNaoki Ogura/JMPA

posted2012/08/11 12:25

完全に韓国の術中にハマった日本。U-19、五輪、2大会連続敗北の現実。 <Number Web> photograph by Naoki Ogura/JMPA

試合直後のキャプテン吉田のコメント。「これが現実。目に焼きつけておいた。サッカーをやっている限り、今日のことを忘れることはない」

 あまりにも悔しい敗戦だった。

 それが、試合後の選手の表情からも伝わってくる。吉田麻也は、何度も両手で膝を叩いて、表情を歪めた。酒井宏樹、鈴木大輔、清武弘嗣、宇佐美貴史もピッチに倒れたまま起き上がれない。涙こそないものの、苦虫を噛み潰したような表情が浮かぶ。

 なぜ、あの韓国に勝てなかったのか。

「ロングボールでくるのは、想定内だった」と語ったのは、吉田だった。

 一方、清武は「あんなに蹴ってくるとは、想定外だった」と言った。どちらが正しいという問題ではなく、同じピッチに立つ選手の意識が統一されていなかったことが、そもそも躓きの始まりだった。

 韓国の戦術は、古典的なロングボール攻撃だった。

 最終ラインから前線のパク・チュヨンに目掛けて蹴り、セカンドボールを拾ってサイドに展開して、仕掛ける。戦術は至ってシンプルだが、シンプルだからこそ繰り返されるとジワジワ効いてくる。

韓国の戦術がジワジワと効いていき……日本にミスが出始めた。

 最初は、日本がセカンドボールを拾えていたので、そんなに危険な香りはしなかった。だが、韓国が蹴ったあと押し上げを早くし、セカンドボールへのプレッシャーを強め始めると、荒れてデコボコの芝の影響もあったのだろう、日本にミスが出始めた。

「グループリーグではあまりなかったパスミスとか、トラップミスとか、判断のミスもあり、なんとなく嫌な展開だった」

 吉田の言う通り、ミスを連発し自分で自分の首を絞める悪循環に陥った日本。そうして、失点もそのミスから生まれてしまった。

 前半38分、目測を誤った吉田の頭上をボールが越え、FWパク・チュヨンに持っていかれた。鈴木、山口らがカバーに入ったがフェイントで振り切られ、豪快なミドルを叩き込まれた。

 後半12分の2点目もGKのロングボールをパク・チュヨンが頭でそらし、ク・ジャチョルが受け、鈴木との1対1に持っていかれ、最後はかわされてゴールを決められている。

【次ページ】 メキシコ戦同様、引いた相手を崩す策が無かった日本。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
吉田麻也
酒井宏樹
鈴木大輔
清武弘嗣
宇佐美貴史
パク・チュヨン
ク・ジャチョル
扇原貴宏
遠藤保仁
大津祐樹
ロンドン五輪
五輪男子サッカー

ページトップ