MLB東奔西走BACK NUMBER

イチローの美学とメジャーの現実。
衝撃トレードの真相を完全レポート! 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/07/25 12:15

イチローの美学とメジャーの現実。衝撃トレードの真相を完全レポート!<Number Web> photograph by Getty Images

ニューヨーク・ヤンキースへ移籍早々の7月23日の対シアトル・マリナーズ戦(セーフコ・フィールド)では、4打数1安打1盗塁の成績となったイチロー。この試合で先発した黒田博樹投手は10勝目を飾った。

 7月23日に正式発表されたイチロー選手のトレードは、まさに米国中に“衝撃”をもたらした。特にマリナーズに近い人間ほど、そのショックは大きかったようだ。

「3時頃球場の記者席にいた自分に電話がかかってきた。自分の後方に座っているニューヨークの記者の1人だった。そして『イチローが投手2人と交換でヤンキースにトレードされたぞ!』と切り出した。自分はジョークだろうと笑い飛ばし、また自分の仕事に戻った。しかしその直後に『YES(ヤンキース戦中継を担当するTV局)』のジャック・カリー氏が『イチローがトレードされた』とツイートしたのを確認し、さらにイチローのトレードを認める電話が入ってきた。自分の記者人生の中で最も慌ただしい日が始まった」

 長年マリナーズを担当している『シアトル・タイムズ』紙のラリー・ストーン記者が記事でその瞬間を描写しているように、現場で取材している記者にとってもイチローのトレードは青天の霹靂だった。マリナーズ戦中継でいつも解説者を務めているマイク・ブロワーズ氏もTV中継中に自身の驚きぶりを披露した。

「球場の駐車場でイチローのトレードを聞いたよ。最初はいつものようにトレード期限が迫ったこの時期の噂だろうと思った。しかしそれが本当だとわかり、とにかく驚くしかなかったね!」

 同じくマリナーズ戦中継で試合リポートを担当する女性リポーターも以下のようなエピソードを紹介している。

「今日はケン・グリフィー・ジュニアさんから数度電話がかかってきました。最初は『(トレードは)本当なのか?』から始まり『背番号は何番になるの?』と立て続けに質問されました」

「イチローのトレードはない」と、1週間前にマリナーズGMが明言!?

 彼らの動揺も当然といえば当然だろう。

 わずか1週間前の7月15日に、FOXスポーツの公式サイトがマリナーズのジャック・ズレンシックGMの単独インタビューを行い、イチローをトレードする考えがないことを大々的に報じていたばかりだったからだ。

 しかしストーン記者が「これほど情報がリークしなかったのは珍しい」と説明しているように、このトレードは正式発表まで一切の情報が漏れることなく水面下で進行していたのだ。

 それは……このトレード交渉が異例のかたちで進んでいったからに他ならない。

【次ページ】 GMを超え、両球団上層部で取引された異例のトレード。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
イチロー
ニューヨーク・ヤンキース
シアトル・マリナーズ

ページトップ