Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<MLBオールスター> ダルビッシュ有&ストラスバーグ 「新世代投手が放った光」 

text by

出村義和

出村義和Yoshikazu Demura

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2012/07/26 06:02

<MLBオールスター> ダルビッシュ有&ストラスバーグ 「新世代投手が放った光」<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi
大舞台での登板こそなかったが、前半戦、十分な戦果を
挙げてきたサムライと、全米大注目の「100マイルの豪腕」。
投手新時代を象徴する二人への評価を、現地で聞いた。

 投手上位時代にニューウェーブが押し寄せた――。第83回オールスターゲーム(10日、カンザスシティ)はナ・リーグが8対0で圧勝したが、両リーグ合わせて28人選出された投手のうち、'86年以降生まれの若手が実に10人も占めた。

「何年かに一度、将来のエースになるような若手投手が一斉に台頭することがある。最近ではリンスカムやケイン(ジャイアンツ)、ハメルズ(フィリーズ)らが出てきたときだけど、今も同じような現象が起こっている。31歳のオレはもう年寄り投手の部類だよ」

 と、笑いながら語ってくれたのは、エンゼルスのエース、C・J・ウィルソンだ。

 カンザスシティでは39年ぶりの開催となった今回のオールスターゲーム。選手紹介のアナウンスの際には敵味方隔てのない大きな拍手が巻き起こり、カウフマン・スタジアムに初々しい姿が並んだ。その光景は、新しい時代の到来を強く印象付けていた。ダルビッシュ有は晴れのマウンドに立つことこそなかったが、このニューウェーブの代表的なひとりであることに変わりはない。

 前半戦折り返し時点で、10勝5敗、防御率3.59。「申し分のない働きをした」と、ロン・ワシントン監督はいう。この言葉に異を唱える者など、おそらくいないだろう。スプリングトレーニングが始まった当初、ワシントン監督は次のように語っていた。

「FA移籍したC・Jが昨年勝った分、16勝を稼いでくれることに越したことはない」

ダルビッシュ獲りに失敗した球団は「悔しい思いをしている」。

 あれから5カ月。レギュラーシーズンの半分を少し過ぎたところで、期待値達成へのカウントダウンは早くも「6」となっている。3年連続の地区優勝、悲願のワールドシリーズ優勝に向けて首位を突っ走るレンジャーズ。ダルビッシュはチーム内での存在感を増しているのはもちろん、メジャー球界における実力評価も確実に上げてきた。

「ポスティングで競り負けたブルージェイズは本当に悔しい思いをしている」

 そう語るのは、トロント・スター紙のコラムニストで、球団の内情にも詳しいリチャード・グリフィン記者だ。激戦が続くア・リーグ東地区にあってブルージェイズは開幕から善戦を続けていたが、先発投手陣が崩れ始めてズルズルと後退、とうとう最下位に転落してしまった。「ダルビッシュがいれば」というわけである。

「彼は本物だった。ローテーションを年間守り続ければ、毎年15勝から20勝を計算できる。彼のような多彩な球種を持つパワーピッチャーは滅多にお目にかかれない」

【次ページ】 礼賛の中にあっても、ダルビッシュ本人はどこ吹く風!?

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ダルビッシュ有
テキサス・レンジャーズ
ロン・ワシントン
C・J・ウィルソン

ページトップ