SCORE CARDBACK NUMBER

前主将・菊谷を復帰させた、
指揮官エディの真意。
~ラグビー日本代表スコッドを読む~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byShinsuke Ida

posted2012/06/09 08:00

2008年11月より代表主将を務めた菊谷。昨年のW杯はFLまたはNO8として全試合に出場。

2008年11月より代表主将を務めた菊谷。昨年のW杯はFLまたはNO8として全試合に出場。

「おぉ……」

 配られたメンバー表を見た報道陣から、どよめきが上がった。5月23日に開かれた、パシフィックネーションズ杯(PNC)の日本代表発表会見。代表リストには、昨年のW杯で主将を務めながら、今春の新体制始動時には外れていた、菊谷崇の名前があったのだ。

「アジア5カ国対抗での選手の取り組みぶりには満足している。しかし、我々は常に成長し続けなければならない。より強くなるためにこのスコッドを選んだ」

 エディ・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)は、そう言うと菊谷の名を挙げた。

「菊谷は日本でトップクラスの才能を持つ選手の1人。これまでは第3列だったが、新しく左ロックに挑戦してもらう。世界のレベルでは、左ロックにはスピードとスキルが必要。菊谷とは先日名古屋で直接会ってそれを話し、彼自身から『挑戦したい』という言葉を聞いた」

 エディは常に「人間の大きさ」を問いかける。一度外れた前主将が代表に戻る。そこでどう行動し、どんな発言、態度を取るのか。その問いは菊谷にも、現主将の廣瀬俊朗にも、同じポジションを争うことになる盟友の大野均にも、そして指揮官たる自身にも向けられる。

「今は、'15年W杯のグラウンドに立つのが目標」と菊谷。

「リスキーなセレクションだと思うが、チームが強くなるためには必要な選択だ」とエディ。実はその数日前、記者はエディからこんな言葉を聞いていた。

「チームのベースはハードワーカーを揃えることだが、あるレベルを超えるには『X(エックス)ファクター』が必要になる。これはコーチングできない部分。藤田(慶和)には可能性があるが、若い。あとは、菊谷がそのタイプかもしれない」

 では菊谷の覚悟は。本人に聞いた。

「春の代表発表の前に『今回は君を選ばないけれど、話す機会を持とう』とエディさんから直接電話をいただいて、静岡合宿を訪ねてお話ししたんです。そのとき『PNCで呼ぶ可能性もゼロじゃないから、フィットネスを上げておくように』と言われて、めちゃめちゃテンション上がりました。今は、'15年W杯のグラウンドに立つのが目標。そのくらい夢を持たないと、エディさんの求めるフィットネス練習はできない。3、4部練習なんてしたことないですから(笑)」

 エディジャパンはまだまだ面白くなる。

関連コラム

ページトップ