Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<再出発の決意を語る> 松井秀喜 「“20年前の気持ち”で挑むメジャーへの道」 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKazuaki Nishiyama(T&t)

posted2012/06/01 06:00

<再出発の決意を語る> 松井秀喜 「“20年前の気持ち”で挑むメジャーへの道」<Number Web> photograph by Kazuaki Nishiyama(T&t)
衝撃のメジャー“再デビュー”を飾った松井秀喜選手ですが、
それまでどんな思いを抱いてトレーニングに励んでいたのでしょうか。
Number804号「最強投手進化論。」では、孤独な自主トレの日々を経て、
タンパベイ・レイズとのマイナー契約に至る松井選手の歩みを特集。
メジャー昇格を夢見る若者たちに交じってバットを振る37歳の心に迫りました。
今回、メジャー10年目のシーズンがようやく幕を開けたのを機に、
特別に記事をウェブ公開いたします。

 フロリダ州のタンパ国際空港からレンタカーを駆って南に約1時間半。メキシコ湾を望む小さな港町、ポート・シャーロットにあるタンパベイ・レイズの施設で、松井秀喜はボールを追いかけていた。

 実戦練習に入る前の5月5日のことだった。 ユニフォームも与えられずに短パンとTシャツ姿。周りにいるのは1Aやルーキーリーグ、もしくはそこにも入れない教育リーグの選手たちで、年齢も二十歳そこそこという若者ばかりだ。その中で、ひと目見て、松井の何が目立ったかと言えば、短パンからのぞくふくらはぎの白さだった。

 その白さが、ニューヨークで孤独なトレーニングを続けてきたこれまでの苦労を、妙に実感的に物語っているようにも思えた。

「アメリカでのオファーを待つって決めていたから。とにかくそれだけ。あとは何もなかったですよ」

 契約が決まらないままに日本を発ったのは、2月22日のことだった。

 当初はロサンゼルスなどの暖かい場所で自主トレを行なうのではと見られていたが、結局、松井が決めたのは自宅のあるニューヨークでのトレーニングだった。

一般のバッティングセンターなどで行っていた孤独な自主トレ。

Hideki Matsui
1974年6月12日、石川県生まれ。'93年巨人に入団。本塁打王に3度輝くなど活躍し、'03年ヤンキースに移籍。'09年、ワールドシリーズMVPに。エンゼルス、アスレチックスを経て今季レイズとマイナー契約を交わした。188cm、95kg 

「何らかのあてがあるのなら、そういうところに行って練習をすることも考えたかもしれないけど……。でも、あの時点ではまったくあてもなかった。いつになったら契約が決まるとか、そのメドもなかったからニューヨークでやるしかなかったんですよ」

 そうして始まった孤独な自主トレ。当初はマンハッタン近郊のバッティングセンターなどで打ち込みを行なっていた。

 そこでは自分がワールドシリーズでMVPをとった元ヤンキースの松井秀喜であるということも一切明らかにしないで、黙々とボールを打っていた。施設の関係者も、まさかこんなところにあの松井がいるとは想像しなかったのだろう。ウォーミングアップのために軽く施設内をランニングしていると「ここでは走るな!」と注意をされたり、特別扱いは一切してもらえなかった。

 その後は、知り合いの紹介でマンハッタンから30kmほど離れた室内練習施設を見つけると、そこに連日通って打ち込みなどを行なうようになった。

【次ページ】 広報と通訳が、自主トレの打撃投手を務めていた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
松井秀喜
タンパベイ・レイズ

ページトップ