SCORE CARDBACK NUMBER

部屋数の減少で考えた、
相撲界のあるべき姿。
~角界にとって淘汰は是か非か?~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2012/05/17 06:00

部屋数の減少で考えた、相撲界のあるべき姿。~角界にとって淘汰は是か非か?~<Number Web> photograph by KYODO

「先輩たちをはるばるスカウトに来て、日本の相撲界への道をつけてくださった。だからこそ今の僕たちがいるんです」

 横綱白鵬と新大関の鶴竜は、元大関旭國の大島親方について、こう感謝の意を表す。モンゴル初の関取となった旭鷲山、旭天鵬を見出した大島親方が、5月場所前に定年を迎えたのだ。後継者として日本に帰化していた旭天鵬が現役続行を熱望したため、部屋は同門の友綱部屋に吸収合併されることとなってしまった。

 2004年には55を数えた相撲部屋が、現在は48と、その数を徐々に減らしている。田子ノ浦親方(元久島海)急逝で部屋が消滅する一方、「黒い交際」が問題となって一時閉鎖されていた木瀬部屋が、この4月に再興された。花籠部屋が経営難を理由に、5月場所後、峰崎部屋に吸収合併されるというニュースも駆け巡った。また11月には、定年直前の中村親方(元富士櫻)が、東関部屋の若き師匠に部屋を託す予定でもあり、ここ最近の相撲部屋の動向は慌しい。

来年以降は放駒前理事長ら名門部屋の師匠が続々定年に……。

 昨年6月には、高島部屋の力士数がゼロとなり、閉鎖の憂き目を見たのだが、「力士志望者が減少するなか、弟子の奪い合いにもなる。弟子数が少なくて満足に稽古もできない部屋は、淘汰されるべき」との声は、相撲界内部にもある。ちなみに協会理事である元多賀竜の鏡山部屋の力士数は、わずかふたり。弟子の数が一桁台の部屋は15を数えているのだ。

 そして来年以降は放駒前理事長、式秀親方(元大潮)、三保ヶ関、出羽海、二所ノ関など名門部屋の師匠らが続々と定年を迎える。その後継者問題や部屋の存続も、大きな話題となるだろう。

 昭和24年、25年の部屋数は23と最も少なかったのだが、その後は30前後で安定。平成時代に入ると40を超え、以来年ごとに増え続け、現在に至っている。角界内外でも「相撲部屋の数は30くらいが適正」とみる向きは多い。

 現在の力士総数は約650人。部屋数が30に「凝縮」されるとすれば、各部屋の在籍数は約20人となる計算だ。安易に独立を許されてきた結果、小部屋に所属する力士は、出稽古や合同稽古に頼らざるを得ない。各部屋ごとに、活気溢れる濃密な稽古で切磋琢磨するのが、相撲界のあるべき姿なのだが。

関連コラム

関連キーワード
白鵬
鶴竜

ページトップ