プロ野球亭日乗BACK NUMBER

MLBとの親善試合で気づいた、
統一球がメジャー球より飛ばない訳。
 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2012/04/29 08:01

統一球導入元年となった昨季、93打点で自身初の打点王を獲得した新井。今季も深刻な「投高打低」が続くなか、選手会会長としてNPBと12球団に統一球の検証と見直しを求めた。

統一球導入元年となった昨季、93打点で自身初の打点王を獲得した新井。今季も深刻な「投高打低」が続くなか、選手会会長としてNPBと12球団に統一球の検証と見直しを求めた。

「明らかにメジャー球の方が飛ぶ」という選手の証言も。

 ただ、このプレシーズンマッチではメジャーのチームが守備の時にはメジャーの公式球を、日本チームが守備のときには日本の統一球を使った。そのため巨人と阪神の各打者はメジャー球を打つことになったのだが、「明らかにメジャー球の方が飛ぶ」という複数の選手の証言を聞いた。

 どうやら統一球はメジャー球より飛ばないのではないか? それがプロ野球関係者の総合的な意見のようなのである。

 そういう経緯を経て、4月24日に日本プロ野球選手会(新井貴浩会長)はNPBと12球団に、統一球について改めて検証と見直しを求めた。

「数字にもしっかり出ている。このままでいいのかなという意見が選手会でも多かった。野手だけではなく投手からもそういうことを聞いたので、少し検証してくださいという話をした」

 新井会長は申し込みの趣旨を、こう説明している。

日本企業の技術力の高さが投高打低現象を促進する!?

 ここでまずもう一度、立ち帰らなければならないのは、なぜ統一球導入が必要だったのかという点である。

 五輪やWBCで日本の選手が国際球やメジャーの公式球への対応に苦慮したことから、'09年のWBC終了後に統一球の導入の必要性が叫ばれるようになった。そうして加藤良三コミッショナーが音頭をとる形で、昨年の導入が決まった。

 ただ、そのときからプロ野球関係者の間ではこんな声も上がっていたのだ。

「日本のボール製造技術とメジャーの技術(メジャー公式球はローリングス社製でコスタリカの工場で生産されている)を比べると、製品の均一性では日本が圧倒的に勝っているんです」

 その関係者はこう案じていた。

「メジャーの場合は飛ばないといっても、データ上の数字と実際の数字ではムラがある。同じ公式球でも飛距離の差は10フィート(約3.04m)から20フィート(約6.08m)は当たり前という世界で、ときにはそれ以上のときもあるのが実情です。ただ日本の技術で飛距離を抑えた低反発のボールを作ったら、ほぼその規格で仕上がってくる。全部が飛ばないボールになるということです」

 メジャーより飛ばないボールが大量供給されるのは、日本のボールメーカーの技術力の高さの証明である。ただ、その結果として、今の極端な投高打低が始まったということだ。

<次ページへ続く>

【次ページ】 飛ぶボールに戻す必要はないが、基準の見直しは不可欠。

BACK 1 2 3 NEXT
2/3ページ

ページトップ