スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

新制度の導入と新興球団の躍進。
~MLBの勢力図はどう変わる?~ 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/04/07 08:01

新制度の導入と新興球団の躍進。~MLBの勢力図はどう変わる?~<Number Web> photograph by Getty Images

4月4日、新球場マーリンズ・パークで2012年シーズンの国内開幕戦が行われた。

 さあ、はじまった。

 2012年も、大リーグが無事に開幕した。これから半年間は、たっぷりと楽しめる。ちょっと気の早いことをいうと、今年は11月にWBCの予選も用意されている。つまり、お楽しみは半年以上だ。冬が来るまでには、相当の間がある。

 今季の最大の楽しみは、やはりワイルドカードの拡張だろう。私も提案した記憶があるのだが、2010年の秋ごろから、このプランはみるみる現実味を帯びてきた。

 こうなるとMLBは決断力がある。商売に結びつきそうだと考えると、実行力がさらに跳ね上がる。結果はごらんのとおりだ。この秋は、10月4日に一発勝負のダブルヘッダーが準備されている。ワイルドカード・プレーオフが、ナ・リーグで1試合とア・リーグで1試合。その時期が近づいたら、「最もスリリングな一発勝負」と囃されることだろう。私も異議はない。

 だが、その前に長丁場がある。野球の戦い方の基本的なフォーマットというべき、半年間=162ゲームのレギュラーシーズンがある。「ワイルドカード2枚制」の導入によって、今季はなんといってもレギュラーシーズンの価値が上がった。各地区で優勝しておかないことには、ポストシーズンの立ち上がりでへとへとにされてしまうからだ。これは避けたい。そのためにも、地区制覇は無視しがたい必要条件だ。消化試合は激減するだろう。

各地区の優勝チームとワイルドカードを予想する。

 では、例年どおり、各地区の覇者とワイルドカードを予想してみよう。またか、と笑われるかもしれないが、この時期の私はけっこう真剣に占っているのだ。

〈ナ・リーグ〉
東地区=マーリンズ
中地区=レッズ
西地区=ジャイアンツ
ワイルドカード=フィリーズ
ワイルドカード=ダイヤモンドバックス

〈ア・リーグ〉
東地区=ヤンキース
中地区=タイガース
西地区=エンジェルス
ワイルドカード=レンジャーズ
ワイルドカード=レイズ

【次ページ】 今季もヤンキース、レッドソックスはWSとは無縁に!?

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
フロリダ・マーリンズ
タンパベイ・レイズ
セントルイス・カージナルス
ニューヨーク・ヤンキース
ボストン・レッドソックス
シカゴ・ホワイトソックス
ロサンゼルス・エンゼルス
シンシナティ・レッズ
サンフランシスコ・ジャイアンツ
フィラデルフィア・フィリーズ
アリゾナ・ダイヤモンドバックス
テキサス・レンジャーズ

ページトップ