リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

バルサファンも絶賛するA・ビルバオ。
欧州で話題沸騰中の超攻撃サッカー。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byMutsu Kawamori

posted2012/04/04 10:30

バルサファンも絶賛するA・ビルバオ。欧州で話題沸騰中の超攻撃サッカー。<Number Web> photograph by Mutsu Kawamori

リーガでは11位(31節終了時)に甘んじるも、ヨーロッパリーグでは快進撃を見せるA・ビルバオ。ホーム開催のEL準々決勝第2レグは4月5日に行なわれる。

 キックオフの30分ぐらい前になると、相手チームがピッチに出てきてウォーミングアップを始める。

 カンプノウの観客は通常ブーイングで迎える。

 ところがこの日、アスレティック・ビルバオに対しては拍手が湧き起こった。おそらくヨーロッパリーグ(EL)での活躍を称えたのだ。強敵を破って勝ち進んでいることだけでなく、アスレティックに興味を持たない者さえ夢中にさせてしまうその試合ぶりに、バルサファンは感心していたのだろう。

 ELノックアウトラウンドの2回戦、アスレティックはマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、“事件”を起こした。相手有利の下馬評を尻目に、オールド・トラッフォードという夢の舞台に気後れもせず、ビエルサ監督の教えどおり攻めに攻め続け、完勝したのだ。

 終了間際にPKをとられスコアこそ2-3となったが、シュート数はホームチームの9本に対して18本。コーナーキックは3回に対して8回。どれほどの勢いだったか、数字からも想像できるだろう。

サッカー界の重鎮をも魅了したサン・マメスでの戦い。

 第2レグもまたアスレティックは圧勝した。

 マンチェスター・ユナイテッドのファーガソン監督は対策を練ってきたが、アスレティックの優位はまったく揺るがず、レフェリーが試合終了の笛を吹いた瞬間、サン・マメススタジアムは大歓声に震えた。

 この後、ニヨンで行なわれたCL・ELの組み合わせ抽選会では、欧州サッカー界のOB達がアスレティックに魅了されたことを告白している。

「試合が面白いね。バルサのサッカーを思わせるところもあるが、バルサほどテクニカルではない。しかし、より激しく、より真っ直ぐにゴールを目指す。オールド・トラッフォードでの一戦は素晴らしかった」

 かつてユベントスで活躍したボニエクがこう言うと、元ミランのサビチェビッチは次のようにコメントした。

「驚いたよ。第1レグを何気なく見始めたら、最後まで釘付けになった。もちろんサン・マメスでの試合も忘れなかった」

【次ページ】 ビエルサ体制下でさらに洗練された戦術コンセプト。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
アスレティック・ビルバオ
マンチェスター・ユナイテッド
アレックス・ファーガソン
マルセロ・ビエルサ
ジョゼップ・グアルディオラ
シャルケ

ページトップ