Doスポーツの偉いヒト!!BACK NUMBER

<お勉強> “Dr.アミノ”こと大谷勝東大教授にアミノ酸のイロハの“イ”を聞いてみた。 

text by

吉崎エイジーニョ

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2012/04/04 06:00

<お勉強> “Dr.アミノ”こと大谷勝東大教授にアミノ酸のイロハの“イ”を聞いてみた。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number
Doスポーツのプロに話を聞き、運動する楽しさを伝えるこの連載。
今回は、ランニングには欠かせないあのサプリメントの開発者を直撃!

 言っときますが、今回はかなり「偉いヒト」のご登場です。春は走りやすい気候になる。そこで走りに欠かせない、“粉”の権威を千葉県柏に訪ねた!

著書『アミノエビデンス255』を使って、アミノ酸構造式を説明してくれた。

 東京大学大学院大谷勝教授。別名「ドクターアミノ」。オレ自身も大ファンの「アミノバイタル」を開発した方だ!

 去年10月の大阪マラソン前、サッカー仲間にこれを紹介された。「全然、疲れが残らないから」と。ウソやろ、と思って飲んだら……試合中もめっちゃ走れた。当然、マラソンにもこれを最大活用。走っても、翌日にクタクタにならない!

 つまりは春から積極的にRUNをやっても、疲れの心配がかなり減るのだ! ! そんなアミノ酸っていったいなんだ!?

筋肉に一番多く含まれる成分であるアミノ酸を直接飲む。

 研究室で出会った先生は、クールかつ関西人のオモロさを内包していた。「ずばり、アミノ酸とは?」と単刀直入に聞くと、おもむろにご自身の本を取り出す。

「これがアミノ酸の構造式です。NH2があって、NH3がアンモニア……」

――ええ……あのー……ぜっんぜん分かりません! 不勉強を開き直るようですが、ド文系でかつ「ちょっと走ってみるか?」と考えている層に説明するなら?

「そうですか。走ると筋肉の組織が壊れるから、疲れる。だから、筋肉そのものに一番多く含まれる成分を、直接飲むということです。筋肉とはアミノ酸20種類が繋がってできたものですから」

「乾杯式・体力式」は東大でバカ売れ。「アミノエクリプス」が馬用の粉末だ。

――え!? 筋肉を飲んでる?(内心、ウソやろ、と思う)。元は何なんですか?

「これ舐めてみてよ。人間用より先に開発した、馬用だから」

 恐る恐る、白いサラサラの粉を舐めた。

――げーっ苦いです! 

「正常な味覚だね。アミノ酸の元の粉だから、不味いでしょ! アミノ酸を直接摂取する方法は、もともと病院の点滴で使われていた。あれ、劇的に回復するでしょ? 筋肉や内臓と同じ成分を直接採るから。それを私が'90年に馬用に開発し、さらに人間用は'95年に商品化した。口に優しい味付けは、これは私にしか出来ない技術だからね!」

【次ページ】 アテネ五輪でも日本人選手の多くが愛用。

Number Doとnikkansports.comが協力して、Do sportsの応援サイトを開設しました!
<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
大谷勝

ページトップ