SCORE CARDBACK NUMBER

騎手への「加重制裁」は、
すべてに公平な裁決か?
~初の適用は三浦皇成と松岡正海~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/04/23 06:00

三浦皇成(先頭)が失格処分を受けた1月の新馬戦。JRA史上最多9頭の落馬事故となった

三浦皇成(先頭)が失格処分を受けた1月の新馬戦。JRA史上最多9頭の落馬事故となった

 3月初旬のJRA定例記者会見の席上、審判担当の金田裕之理事から、重大な違反を繰り返した騎手に対し、事前に本人に通告したうえで、加重した制裁を行なう強い方針が明らかにされた。

 その時点で、金田理事が言う「制裁による抑止効果が働いていない、違反を繰り返す騎手」に該当していたのは、三浦皇成と松岡正海の二人。三浦は9人が落馬した1月11日の中山と、2月6日の中京で騎乗停止処分を科せられていたし、松岡は12月20日の阪神と、1月24日の中山で他馬の進路を妨害して、それぞれ4日間の騎乗停止の罰を受けていた。金田理事の言葉通り、会見後に「事前の通告」もされたそうだ。

採決委員の先入観のせいで“らしさ”が失われた三浦皇成。

 その後の二人の騎手は、重大な制裁を科せられることなく来ているが、その反動として「騎乗に“らしさ”がなくなってしまった」という評判も聞こえる。松岡こそ日経賞をマイネルキッツで勝って辛うじて存在感を示せてはいるが、三浦はその影響かどうか、すっかり影が薄くなった。このままとは思わないが、一時的にせよ武豊のルーキー最多勝記録を塗り替えたときの華やかさが失せてしまったのは、競馬界全体の損失とも言える。

 わがままな騎乗によってフェアであるべき競走の結果が歪められたり、人馬にケガが生ずることは絶対に避けなければならない。その精神は当然のこととして理解できる。しかし、冷静かつ公平であってこその裁決委員が「危ない騎乗をする騎手はこの人」という先入観を持ってレースを見ますという趣旨の宣言については、受け入れにくいものを感じる。

「そうではありません。騎乗停止級の反則を犯したときにその期間が長くなるのです」という説明も非公式には受けているが、その罰則の裁量自体が彼らの仕事である以上、色眼鏡で見ることは極力避けなければいけないのではないか。

徹底的にやるのであればファンにも制裁点数の情報公開を。

 徹底してやるのなら、個々の騎手の制裁点数を週ごとに公表すべきだろう。馬券を買うファンとしても、「この騎手はそろそろ危ないから、積極的に乗れないはず」と色眼鏡を共有したいではないか。

 もっと敏感になっているのは馬主だ。騎手に対する加重制裁のとばっちりで手にできる賞金を減額されてはたまらないからだ。様々な影響を考慮すると、理事の宣言としては少々軽過ぎたように思う。

■関連コラム► 預託料軽減で懸念される、デフレスパイラルの可能性。 (10/02/03)
► 世代交代の日も近し!? 武豊が認める三浦皇成。 (08/11/20)

ページトップ