Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<ソチ五輪でのメダル奪回戦略> 高梨沙羅/伊藤有希 「二人の“女子力”に賭けたスキー連盟の悲願」 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2012/03/14 06:00

<ソチ五輪でのメダル奪回戦略> 高梨沙羅/伊藤有希 「二人の“女子力”に賭けたスキー連盟の悲願」<Number Web> photograph by Shino Seki
1998年の長野以来、五輪でのメダル獲得数ゼロのスキージャンプ。
そんな現状を改善すべく、スキー連盟が史上初の手段を行使した。
15歳と17歳の女子力に託した“秘策”の全容を明らかにする。

 その勢いはとどまることを知らない。

 今シーズン、中学3年生の高梨沙羅は、ノルディックスキー・ジャンプ女子の日本代表として数々の国際大会を転戦し、結果を残してきた。ワールドカップでは、出場した5大会中3つの大会で2位と表彰台に上った。1月中旬には、第1回ユースオリンピックで金メダル。そして2月23日には世界ジュニア選手権で金メダルを獲得したのだ。

 大活躍を続ける高梨のほかにも、ジャンプの女子には期待を集める若い選手がいる。

 高校2年生の伊藤有希である。

 伊藤は2007年、小学6年生のときに出場した国際大会で3位となって注目を集めた選手だ。'09、'11年の世界選手権にも出場し、昨年の世界ジュニア選手権では銅メダルを獲得している。今シーズンのはじめこそ、ワールドカップ遠征メンバーから外れる時期もあった。だが、

「ワールドカップ開幕戦を目指していたので、悔しかったです」

 と奮起し、1月には国内の5大会で連続優勝してメンバーに復帰。将来を嘱望される選手の一人であることにはかわりない。2人は、2月25日、世界ジュニア選手権の団体戦に出場し、金メダルを獲得している。

 高梨と伊藤は、成績とは別の側面でも注目を集める存在だ。全日本スキー連盟による「特化選手」という強化選手であることだ。指定を受けているのはすべてのスキー競技の選手の中で、この2人のみである。

 特化選手とは何か。それを定めた意図はどこにあるのか。そこには、日本スキー界の苦境と、連盟の決断がある。

成績低迷と人気低下の中で生まれた「メダル奪回戦略室」。

高梨沙羅 Sara Takanashi
1996年10月8日、北海道生まれ。小学2年生でジャンプを始め、12歳で日本代表に。'12年開催のW杯では4戦中3戦で表彰台。2月の世界ジュニア選手権では日本女子初の金メダル獲得。151cm、43kg

 荻原健司を筆頭に、ノルディック・コンバインドで世界を席巻。'98年の長野五輪ではジャンプ男子の団体戦金メダル。日本のスキー競技は、'90年代、華々しい活躍を続けてきた。だが21世紀になると一変する。各種目で苦戦するようになり、オリンピックでも、'02年のソルトレイクシティ五輪のモーグルで里谷多英が銅メダルを獲得したのを最後に、'06年のトリノ、'10年のバンクーバーと、2大会連続でメダルを逃すことになった。

 成績の低迷によって、スキー競技への注目度も下がると、日本のスキー界全体に影響がおよんだ。スキーを楽しむ人口の減少に拍車がかかり、撤退するスポンサー企業も現れた。

 結果、連盟の活動資金も少なくなり、強化にも響く。それは悪循環といってよかった。

 昨年、連盟内に新しい部署が生まれる。「メダル奪回戦略室」である。ソチ五輪でのメダル獲得を目標とする戦略室は、7月、特別強化指定選手、いわゆる「特化選手」というカテゴリーの設置と、高梨と伊藤の選出を発表する。戦略室のメンバーである「総務本部長」の谷雅雄常務理事は、このように説明する。

「ソチ五輪でもっともメダルの可能性が高い選手を特化選手という枠で強化するということです。高梨、伊藤は昨シーズン、国際大会で優勝しましたし、全種目の選手の中で成績が優れていることから選んだわけです」

【次ページ】 遠征費用に加え「特化選手」には別枠の強化資金を用意。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
高梨沙羅
伊藤有希
ソチ五輪

ページトップ