SCORE CARDBACK NUMBER

スカッシュ普及に向けて、
国立競技場にコートを!
~2020年五輪での正式採用は?~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKYODO

posted2012/03/04 08:00

スカッシュ普及に向けて、国立競技場にコートを!~2020年五輪での正式採用は?~<Number Web> photograph by KYODO

スカッシュの第一人者・松井千夏らの署名活動は、2020年の五輪での新競技採用にも繋がる

 昨年の11月下旬から、「国立競技場にスカッシュコートを!」という標語とともに、日本スカッシュ協会が署名活動を行なっている。

 国立競技場は、2019年のラグビーワールドカップや開催都市に立候補している2020年のオリンピックへ向けて、大規模な改修が予定されている。その計画に、スカッシュコートの設置を盛り込んでもらおうと請願するものだ。

「ナショナルコートができれば、スカッシュの普及につながると思うんです」

 と言うのは、スカッシュの第一人者、松井千夏である。松井は全日本選手権を4度制すなど、トッププレイヤーとして活躍。幅広い活動で、認知度の向上にも大きく貢献してきた。

 松井がスカッシュを始めたのは日本体育大学に進学後のことだと言う。

「1枚のスカッシュの写真を見て、これ何だろうと思ったのがきっかけでした」

署名活動は、目標の3万人にはまだまだ及ばないが……。

 プレーしてみたら、思うように打てない悔しさから続けてみた。いつしか引き込まれた松井は、競技の魅力をこう語る。

「スカッシュは頭と体を使うスポーツです。テニスのようにネットを挟んで対戦する競技と違って、相手は近くにいる。その中で、相手のいないところに打つように先を読んだり、駆け引きもある。そこが面白いですね」

 クラブの会員向けにレッスンも実施している松井は、会員が上達して喜んでいる姿も目にしてきた。だからこそ、スカッシュを知ってもらえれば、魅力も理解してもらえると思っている。そして国立競技場へのコートの設置は、その契機になると考えているのだ。

 また、スカッシュは2020年のオリンピックで新たに採用される競技の候補になっている。その点からも、国立競技場にコートができることには意味がある。

「コートがあれば、東京開催となって、スカッシュが採用されたときに都合がいい。それに、認知度があがって普及していけば、オリンピックでの採用にもどこかでつながっていくんじゃないかと思うんです」

 署名活動は、3月15日に一次締切となる。協会が目標とする3万人には、まだまだおよばない。スカッシュの普及のために、松井をはじめ、関係者の呼びかけは続く。

関連コラム

関連キーワード
松井千夏
東京五輪
オリンピック

ページトップ