MLB東奔西走BACK NUMBER

「今年死ぬかもしれないですね」
黒田博樹が語るヤンキースでの覚悟。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/02/18 08:02

「今年死ぬかもしれないですね」黒田博樹が語るヤンキースでの覚悟。<Number Web> photograph by Getty Images

昨シーズンはドジャースで13勝16敗、防御率3.07と安定した成績を残した。MLBでの過去4年間の通算成績は41勝46敗、防御率3.45。ヤンキースでも先発投手として2桁勝利が期待されている

 いよいよメジャーの2012年シーズンがスタートした。

 このコラムがアップされる頃には、ほぼ全チームのバッテリー組がキャンプインしているはずだ。それにしても、まだこの時期になっても実績あるベテラン選手たちの所属先が決まらないという異常事態が続いている。松井秀喜選手もその1人だが、果たして野手組のキャンプインまでに契約できるのか、気がかりなところだ。

 さて松井のかつての所属先だったヤンキースだが、このオフは例年のような大型補強は行なわなかったものの、昨年急成長したマイケル・ピネダ投手をマリナーズからトレードで獲得するなど、着実に戦力補強ができたように思う。そんな中、ヤンキースが最も熱心だったのが黒田博樹投手の獲得だったのだ。

黒田博樹がヤンキースへの移籍を決めた最大の理由。

 昨年は低迷するドジャースの中にあって、年間の登板数、投球イニング数、防御率、奪三振数で自己記録を更新。大黒柱のCC・サバシア投手に続く安定感ある先発投手を求めていたヤンキースにとっては、喉から手が出るほど欲しい投手だったのだ。そして年俸1000万ドルを提示し、望み通り黒田獲得に成功。

 その細かな経緯を知りたくて、自宅のあるロサンゼルスで自主トレを行なう黒田本人に、ヤンキース移籍を決めた真相について直撃してみた。

「ヤンキースというのは、野球をしている人なら誰でも知っているチームで、常にワールドチャンピオンを目指してやっているチーム。そのチームからいいオファーをもらい、野球選手として粋に感じ、トライしてみたいという気持ちが強くなったんですよ。

 プレーオフは経験しましたけど、ワールドチャンピオンというところまでは行けなかった。そこに行くのは一番チャンスのあるチームから誘いを受けたということが、やはり自分の中で決め手になったと思います」

 今さらヤンキースについて説明する必要もないだろう。

 メジャー最多の27回のワールドチャンピオンに輝き、ストライキのためプレーオフがなかった1994年以降、プレーオフに進出できなかったのは2008年の一度だけという常勝軍団だ。

【次ページ】 メジャーでの実績が名門チームに認められた意義。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
黒田博樹
ニューヨーク・ヤンキース

ページトップ