Web Original
フィギュアスケートコラム
2位に終わった高橋大輔はチャン(写真中央)に対して「冷静にみて、かなりの実力差はある」とコメント。ソチ五輪へ向けて「焦らずに今後の2年間で(チャンとの差を)縮めていきたい」とした
photograph by Getty Images
フィギュアスケート、氷上の華

なぜ高橋大輔はチャンに完敗なのか?
ふたりの天才の結果を分けたもの。

田村明子 = 文

text by Akiko Tamura

photograph by Getty Images

 これはやられた。

 パトリック・チャンのフリー「アランフェス協奏曲」は、圧巻だった。4+3のトウループコンビネーション、4トウループ、3アクセルと次々成功させていく彼を見て、今年の四大陸選手権は彼のものになる、ということが点数を見るまでもなくわかった。

 だが前日のSPは、微妙だった。

 チャンと高橋大輔は、ほぼ同じようなミスをした。チャンは出だしの4回転で両手をつき、高橋は臀部もついて転倒。2人とも残りはノーミスで滑っている。

 一見それほど大きな違いはないように見えた演技でも、5.36ポイントもの点差がついてしまった。チャンの4回転は回転が承認され、高橋は回転不足だった。これは降りてくるエッジの角度で決定されるので、やむを得ないことだと言える。

転倒か、転倒ではないのか? ふたりのミスの評価が異なる理由。

 理解できなかったのは、チャンの両手お手つきが、転倒としてマイナス1がついていなかったことだった。ISUルールの転倒の定義は、「ブレード以外のもので体重を支えた場合」となっている。両手をついたチャンはブレードが氷についたままだったが、手で支えていなければ転倒していた。だがこれは転倒とは考えないのか。SP後のプレスルームで、複数の記者たちとカメラマンのPC画面を囲み、チャンの4回転の着氷瞬間をフレームごとに確認しながら、そんな会話を交わしていた。

 ちなみに、この「転倒」かどうかを決定するのはジャッジではなく、3人のテクニカルパネルである。今回のテクニカルスペシャリストはカナダ人のジェイソン・ピース、アシスタントスペシャリストは日本の天野真。そして2人の間で意見が割れた場合に決定するのは、テクニカルコントローラーの役割で今回はスイス人の女性だった。

「転倒ではない」という最終決定は、彼女が下したことは間違いない。試合終了後、是非その理由を質問してみなくてはならない。たとえ1ポイントでも、それが最終的に勝敗を分けることになるかもしれないではないか。

神がかりだったチャンのフリー。

 だがそんなもやもやした気持ちは、チャンの圧巻のフリーを見せられ、ふっとんでしまった。この領域に達した演技をするときのチャンは神がかっていて、誰にも触ることはできない。4回転を2回、3回転ジャンプを7回、最後のルッツでわずかにバランスを崩した以外はノーミスだった。

 ジャンプのすごさもさることながら、ミスがないとスケーティングの質が光る。高いところから低いところへと水が流れていくような、スムーズでスピードのある滑りなのだ。会場の上のほうで見ていると、リンクの使い方が他の選手とは違うことがよくわかった。

「地元のリンクで有利だと思うかもしれないけれど、実を言うとこんなに緊張したのは久しぶり、というほど緊張していた。でもジャンプを一つ一つ、着実に落ち着いて降りていこうと思った」

 チャンは演技後、会見でそうコメントした。

<次ページへ続く>

【次ページ】 意志の力で標高1800mの過酷さを乗り越えた高橋。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • deliciousに追加
その他スポーツ トップへ NumberWebホームへ

フィギュアスケート、氷上の華 バックナンバー

<完全保存版> 中田英寿 ~日本サッカー “破壊”と“創造”~ 見つけよう私の健康ノウハウ「カラダStylen for MEN」
言わせろ!ナンバー最新の投稿
楽天・大久保監督の斬新なアイディア、いいと思うものは?
8人対8人

8対8の野球は「思考力」と「大胆さ」を鍛える最適なトレーニングと思う。そこでは打者の特性に従い、何処に空ポジションを  …すべて読む

虎キチさん
2015/02/02 01:31
に投稿
あなたの記憶に残る外国人女性ランナーは?
キャサリン・ヌデレバ

毎年のように日本で行われるマラソンに出場していた、元世界記録保持者。大阪の世界陸上の女子マラソンを現地観戦した時も、彼女が  …すべて読む

するのは苦手見るのは得意さん
2015/02/01 22:38
に投稿
言わせろ!ナンバーについてお題をもっと見る
  • 文藝春秋ではWEBデザイナーを募集しています。
最新号表紙
Do
1月29日発売
欲しい体を手に入れる 体幹論