Number on NumberBACK NUMBER

NFLの圧倒的集客力。
~野球やサッカーとの違いとは?~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/12/28 06:00

NFLの圧倒的集客力。~野球やサッカーとの違いとは?~<Number Web> photograph by KYODO

昨季のスーパーボウルでスティーラーズを破って優勝を決め、喜ぶパッカーズのQBロジャーズ。不振のチーフスに敗れ、14連勝はならなかったが、連覇に向けて邁進している

 2011年は、プロ野球とJリーグの観客数がそろって減少した年だった。もちろん、東日本大震災の影響があった。プロ野球の場合、東京ドームでやるはずだった試合を地方球場に移したり、ウィークデーにデーゲームをやったりしたから、そのぶん観客が減るのは当然だ。Jリーグでは、J1に限っても仙台、鹿島と被災地のクラブがあったから、さまざまな理由でスタジアムに行けなかった観客もいたはずだ。

 しかし、例えばプロ野球で、球場の変更など異例の措置が取られたのは4月だけだった。それでも観客は、セが前年比4.2%減、パは0.6%減で全体では2.6%減、1試合平均2万4966人だった。'09年と比べると3.7%の減少だ。J1は、1試合平均で1万5797人。これは前年比で実に14.3%も減っている。中でも浦和が前年の3万9941人から今年は3万3910人で15.1%減。成績のよかった名古屋も前年比で16.2%の減少だった。

 ここまで減少幅が大きいと、東日本大震災の影響ばかりとも思えない。プロ野球の場合でも、被災地の楽天は2.3%増やしているのに対し、横浜と、そして被災地ではない阪神と中日が、それぞれ8.9%、3.6%、2.2%のマイナスだったのである。

 優勝争いという観点から見れば、今年はプロ野球もJリーグも(プロ野球の場合はクライマックスシリーズ進出争いも含め)白熱した。それでも減っているのだから、これは集客力の問題と言わざるを得ない。

勝敗に左右されない集客力こそが、本当の人気の証明。

 プロ野球の阪神や横浜、Jリーグの浦和の場合は、成績が振るわなかったことも大きな原因だったに違いない。だが、勝敗に左右されない集客力こそが、本当の人気の証明である。その意味で、いま改めて注目すべきなのは、米国のNFLではないだろうか。

 NFLは現在、シーズン真っ盛り。今季は老舗球団のグリーンベイ・パッカーズが開幕から13連勝を飾って、2年連続のスーパーボウル制覇へと向かっている(14試合目で今季初黒星)。これに対し、'09-'10年のAFC覇者インディアナポリス・コルツが開幕から13連敗。しかし両チームの観客数を見ると、どちらも、開幕から全試合満席の状態が続いているのである。今季最も負け数の多いコルツでさえ最少観客数が6万3928人で、本拠地スタジアムの収容人員6万3000人を超えている。平均観客数は6万4924人だ。

●'11-'12年NFL・主な球団の開幕からの本拠地の観客数
パッカーズ
[7万2922人]
  49ers
[6万9732人]
  レイブンズ
[7万0107人]
  ペイトリオッツ
[6万8756人]
  テキサンズ
[7万1054人]
13勝1敗   11勝3敗   10勝4敗   11勝3敗   10勝4敗
7万0555人   6万9732人   7万1434人   6万8756人   7万1444人
7万0529人   6万9732人   7万1247人   6万8756人   7万1585人
7万0604人   6万9732人   7万1154人   6万8756人   7万1420人
7万0519人   6万9732人   7万1022人   6万8756人   7万1412人
7万0498人   6万9732人   7万1320人   6万8756人   7万1511人
7万0524人   6万9732人   7万1345人   6万8756人   7万1545人
  6万9732人   7万1187人    
  6万9732人      
コルツ
[6万3000人]
  ラムズ
[6万6000人]
  バイキングス
[6万4121人]
  ドルフィンズ
[7万5192人]
  パンサーズ
[7万3298人]
1勝13敗   2勝12敗   2勝12敗   5勝9敗   5勝9敗
6万5035人   5万6722人   6万2461人   6万6860人   7万3167人
6万6309人   5万6289人   6万2466人   5万1032人   7万1704人
6万5088人   5万6113人   6万2479人   6万3800人   7万2679人
6万5218人   5万7179人   6万3946人   5万7007人   7万3245人
6万4619人   5万6400人   6万2748人   5万7531人   7万2095人
6万3928人   5万6029人   6万2939人   5万7225人   7万2409人
6万4271人   5万6431人   6万2623人   6万7823人   7万2680人
※カッコ内は本拠地スタジアムの収容人員。勝敗は12月22日時点

 これは、コルツに限った話ではない。別表に示したのは、今季成績のよい5チーム(上段)と、負けの込んでいる5チーム(下段)の、開幕からの観客数である。これを見ると分かるように、成績のいい5チームはいずれも全試合完売を続けている。パッカーズの観客数が7万600人前後で、収容人員の7万2922人より少し少なくなっているが、これは座席設定の関係でこうなっており、チームの発表としては完売になっている。

【次ページ】 米国で生まれた歴史の浅いスポーツゆえのメリット。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ

ページトップ