SCORE CARDBACK NUMBER

“孤高の新大関”稀勢の里、
活躍の鍵は亡き師の言葉。
~大相撲、波乱の一年に幕~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/12/11 08:00

“孤高の新大関”稀勢の里、活躍の鍵は亡き師の言葉。~大相撲、波乱の一年に幕~<Number Web> photograph by KYODO

 一年納めの大相撲九州場所は、なんとも締まりのない形で幕を閉じた。横綱白鵬は13日目にして早くも21度目の優勝を決めたものの、双葉山と大鵬を抜く全勝優勝9度目の新記録を目前に、把瑠都にそれを阻まれた。場所前、「この1年、相撲界ではいろいろな問題があった。振り返ると、まだ心も体も疲れが抜け切れていないように思う」と吐露していた白鵬。そんな心の隙が、最後の土俵に垣間見えてしまったような一番だった。

 一方、新大関としてご当地場所に上がった琴奨菊には、初優勝が期待されたが、10日目から4連敗。「満足してます」とのその言葉には、今後の奮起を促したい。

 今場所最大の見所は、稀勢の里の大関昇進。千秋楽の琴奨菊との一番を前に昇進が内定し、ライバルを下しての文句なしの昇進を心に期すも、新大関の勢いの前に黒星を喫した。涙を浮かべ、支度部屋で報道陣に背を向けて悔しがる稀勢の里。ノルマとされていた11勝をクリアできずの昇進となり、「かえって残酷だ。もう一場所見て、すっきりと納得できる形で昇進させてもよかったのでは」との声も。「安定感」「真っ向勝負のけれん味のない相撲内容」を評価されたのだが、場所前に師匠が急逝するというドラマティックな背景もあり、「温情昇進」とも言われかねず、後味の悪さもぬぐえない。

「まだまだ課題は多い」と自他共に認める稀勢の里。

 絶対的な父権をかざしていた元横綱の師匠のもと、同じ地位まで上り詰めた武蔵丸(現振分親方)はいう。

「昇進後こそ、師匠のアドバイスや教えが大事になる。迷ったり勝てなかったりしたときの師匠の一言が大きいんだ」

 かつて朝青龍の師匠だった高砂親方も、「大関にもなると、いずれ進退問題にもぶつかる。朝青龍の場合も、横綱とはいえ休場明けの場所などは特に不安そうでね。すがりつくような目でアドバイスを求めてきたもんですよ」と述懐する。

 横綱とは互角に勝負できても、大関以下との対戦にはムラがあり、「まだまだ課題は多い」と、自他共に認める稀勢の里。「常に自問自答しろ」との言葉は、今は亡き師匠の教えのひとつでもあった。

 八百長問題に端を発し、前代未聞の場所開催中止、異例の技量審査場所開催など、揺れに揺れた今年の大相撲界。納めの場所での難産の末、「父を失った孤高の大関」が誕生し、新たな年を迎える。

■関連コラム ► 秋場所でようやく吹いた日本人力士たちの“風”。~琴奨菊、稀勢の里、豊真将~
► <横綱の品格と責任> 白鵬 「孤独も悔しさも稽古でしか埋められない」

関連キーワード
稀勢の里
琴奨菊

ページトップ