スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

名将とブルペン。
~ワールドシリーズ勝敗の鍵は?~ 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/10/20 06:01

名将とブルペン。~ワールドシリーズ勝敗の鍵は?~<Number Web> photograph by Getty Images

ワールドシリーズ初制覇を狙うレンジャーズのロン・ワシントン監督(左)と3度目の戴冠を窺うカーディナルスのトニー・ラルーサ監督

 やれやれ、である。

 まったくもう、ともいいたくなる。

 9月末日、私は願望をこめてタイガース対ブルワーズのワールドシリーズを予想した。

 それが、あっさりと覆された。ALCSでタイガースはレンジャーズに敗れ、NLCSでブルワーズはカーディナルスに屈した。つまり、やってきたのは「裏番組」である。レンジャーズ対カーディナルスのワールドシリーズ。見たいような、見たくないような。

 いや、やはり見ることになるだろうな。ポストシーズンがはじまる前だったら、ふん、そんなカード、と鼻で嗤ったかもしれないが、短期決戦を勝ち抜いてきた姿には、やはりそれなりの風味が備わってきている。

 しかし、両者は似た者同士だ。

打撃陣と救援投手陣がともに活躍している両チーム。

 第一に、どちらもよく打つ。それも、ネルソン・クルーズ(レンジャーズ)やデヴィッド・フリーズ(カーディナルス)といった伏兵が大活躍だ。LCSのOPS(出塁率+長打率)を見ても、上位6選手のうち5人までが両球団から出ている(例外はタイガースのカブレラだけだ)。レンジャーズからは、クルーズとマーフィ。カーディナルスからは、フリーズ、プーホルス、ホリデイ。ハミルトンやヤングやバークマンも、そろそろ調子を上げてくるのではないか。

 2番目の共通点は、ブルペンの活躍だ。裏を返せば、先発投手陣が総崩れになったところを、救援投手陣がスクラムを組んでがっちりと支えている。

 LCSでのデータを挙げよう。

 レンジャーズは6試合で56イニングスを戦ったが、ブルペンはそのうち27回3分の1を投げた。先発の失点は21点で、ブルペンの失点はわずか4点だった。

 一方のカーディナルスも、6試合で53イニングスを戦い、ブルペンは28回3分の2を投げた。先発の失点は19点で、ブルペンの失点は7点。

 どちらも、眼をみはる数字だ。なかでも光るのは、レンジャーズのオガンドだろうか。レギュラーシーズンでは先発の一翼を担っていたが、ポストシーズンでは中継ぎにまわって11試合中7試合に登板した。投球回数は10回3分の1で、防御率は0.87。先発投手の炎上を彼が消し止め、そのあとをアダムズやフェリースが引き継ぐという形は、レンジャーズ勝利の方程式になりつつある。

【次ページ】 名将ラルーサの相場勘に一票を投じたいのだが……。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
テキサス・レンジャーズ
セントルイス・カージナルス
トニー・ラルーサ
ロン・ワシントン
ワールドシリーズ

ページトップ