Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<F1鈴鹿伝説> アラン・プロスト 「アイルトンは僕の生涯に、誰よりも大きな刻印を残した」 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/10/07 06:00

<F1鈴鹿伝説> アラン・プロスト 「アイルトンは僕の生涯に、誰よりも大きな刻印を残した」<Number Web> photograph by AFLO
“盟友”の心の内に今も生き続ける真実のセナ像とは――。
没後10年が経った'04年3月、仏誌『レキップ・マガジン』に
掲載された、貴重なインタビューをここに抄録する。

「僕らは何年もバトルを繰り広げてきた。厳しい戦いだったが、好敵手として互いに相手を認めあっていた。アイルトンは、純粋にスポーツの観点から見たとき、僕が尊敬するただひとりのドライバーだ。僕らはどちらが欠けていても、キャリアと人生の持つ意味が、まったく違ったものになっていただろう」

 1994年5月5日、サンパウロで行なわれたアイルトン・セナの告別式で、アラン・プロストはそうコメントした。だが、以降プロストは、セナに関して公の場で語ることはほとんどなかった。

 それから10年。プロストは意を決して口を開いた。時を経なければ、咀嚼できないことがある。語れないことがある。長い沈黙の後に、最大の好敵手が明かしたセナの実像とは。

マクラーレンに“危険なドライバー”セナを推薦した理由。

――セナとの最初の出会いはいつですか?

「'84年のニュルブルクリンクだ。メルセデスがエキシビションレースを開催し、F1ドライバー全員を招待した。ちょっと内気でよそよそしく、大人しい若者という印象だった。だが、アイルトンのような人間の輪郭を、わずか1日で理解することなどできないよ」

――では当時の彼をどう見ていましたか。危険なドライバーという評価も、一部でありましたが。

「予選はとにかく速かった。僕はレース時の彼を危険とは思わなかったが、彼自身はときおり孤独を感じているようだった。権威への欲求はすでに強く、能力は水準をはるかに超えているという自負が彼にはあった」

――'88年に彼がチームメイトになったとき、そういう思いをあなたは抱いたのですか?

「いや、僕の見方は前から違っていた。僕自身が、彼の加入を強く望んだんだ。彼は最高のドライバーであり、マクラーレン・ホンダは最高のドライバーを獲得すべきだというのが、僕の判断だった。マクラーレンは僕の家族ともいえるチームだ。誰を加えるかも、僕らはオープンに話し合った。セナを推薦したのは、'84~'85年にニキ・ラウダと僕が作ったドリームチームを再構築したかったからだ」

――それが後にあんなことになろうとは……。

「まったく想像しなかった。スポーツ面では何も問題はなかったが、人間的な側面を過小評価しすぎていた」

【次ページ】 激しい戦いをレース後に引きずることはなかったが……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
アラン・プロスト
アイルトン・セナ
マクラーレン

ページトップ