オリンピックへの道BACK NUMBER

柔道世界王者・中村美里が
ロンドンまで世界選手権全勝宣言。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2009/11/07 08:00

柔道世界王者・中村美里がロンドンまで世界選手権全勝宣言。<Number Web> photograph by Shino Seki

谷亮子と同い年の16歳で福岡国際女子柔道を制した中村は“ポスト谷”と呼ばれていた。谷との対決も期待されたが、身体が大きくなり泣く泣く階級を上げざるを得なかった

 ようやく、笑った。表彰式の壇上で、ふっ、と笑みを浮かべた。優勝が決まった試合直後にも見せなかった笑顔である。

 今年8月、オランダ・ロッテルダムで行なわれた柔道世界選手権で、52kg級の中村美里は初出場で金メダルを獲得した。

 初戦は、慎重に入った気配が感じられた。

 無理もない。

 世界選手権を1カ月後に控えたスペインでの日本代表強化合宿で、中村は左膝を負傷していた。5月のグランドスラム・モスクワで優勝し、合宿でも好調を伝えられていた矢先のことである。

「海外で怪我したので、症状は詳しくわからなかったし、痛みもそんなになかったので不安はなかったのですが」

初めて経験した全治5~6週間の大けが。

 帰国後、検査を受ける。結果は、「左膝靭帯損傷、全治まで5、6週間」であった。

「ショックでしたね。ショックというか、びっくりして」

 当然、まともに練習はできない。練習熱心な選手にとって、練習できないことほど辛いことはない。まして、大きな大会を控える時期だ。

 しかし中村は、焦る心を抑えた。

「開き直って、いつまでも考えてもしようがないと思って、切り替えはできました。できることをやっていこうと思いました」

 こうして臨んだ大会である。入りが慎重にならざるを得なかったのもやむをえない。

 それでも中村は順調に勝ちあがる。準々決勝の何紅梅(中国)、準決勝のチョ・ソンヒ(北朝鮮)戦では、激しい組み手争いが繰り広げられた。中村は、釣手を引くことができず、十分な体勢を取ることができない。だが、不十分でも得意の足技を出すことで優勢に戦い、勝利を収める。

 決勝は、48kg級の第一人者であったベルモイ(キューバ)。

「海外の選手では珍しく組んでくれるので、比較的やりやすい選手です」

 互角の攻防の中、先に指導を受ける。一度目の指導はポイントにならないが、ここから中村は得意の足技を連発する。するとベルモイにも指導。残り1分25秒となると、大外刈りでついに技ありを取る。そのまま試合は終わり、中村は、世界一に輝いた。

 しかし、試合中の表情そのままに、中村は畳から去っていった。

世界選手権で優勝してもまったく喜ばなかった理由。

「優勝して喜んではいましたが、ほっとした方が大きかったです。ただ、決勝前に、園田先生(全日本女子監督)に、『レベルの違いを見せた内容で勝て』と言われていたのに、先に指導も取られたし、最後の最後に技をかけられて終わりました。そういうことを考えたら、まだまだだなと思ったんです」

「まだまだ」と語った中村だが、この世界選手権では、柔道のスタイルに変化が見られた。寝技の積極性、立ち技の交え方など、組み立てが多彩になったのだ。

「寝技もそのほかも強化してきたのですが、練習でやってきたことが試合で出たという感じです」

 中村の柔道の進化だと言える。

 進化の基にあるのは、悔しさと、強くなりたいという思いである。

<次ページに続く>

► 【次ページ】  「金メダル以外は一緒」と言い放った悔しさをバネに!

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
中村美里
世界柔道

ページトップ