SCORE CARDBACK NUMBER

チームの危機をチャンスに
変える男、今浪隆博。
~田中賢介に代わる選手になるか?~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/07/14 06:00

チームの危機をチャンスに変える男、今浪隆博。~田中賢介に代わる選手になるか?~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

6月26日のソフトバンク戦では打球を好捕し、二塁へトス。守備でもチームに貢献している

 12球団で一番の二塁手といえば、走攻守の三拍子が揃った日ハムの田中賢介を挙げることができる。その田中が、6月18日の走塁の際に左足首を骨折。今季絶望であることが判明した時、戦力ダウンと嘆くより、控えが育ってくることを願う人がいた。日ハム編成部門の責任者・山田正雄GMである。「若手がチャンスを掴むいい機会だ」というのだ。その若手とは、5年目の今浪隆博だ。

 プロスカウトの世界では、高卒なら5年、大学卒は3年でものにならなければ、次の道を探してやるべきだと言われている。8つしかない野手のポジション。うち2つは外国人で埋まる日本のチーム編成の中で、レギュラーを掴むのは至難の業だ。5年前の田中は、正二塁手のケガを機会にレギュラーの座を掴んだ。当時の日ハムの二塁手は木元邦之。それまで3年連続で100試合以上に出場、定位置を掴みつつあった木元は腰痛という持病を抱えていた。そのとき、綺羅星のごとく田中が登場。巧打で'06年のリーグ優勝、日本一にも貢献した。当時のヒルマン監督は、犠牲バントの成功率が高い田中を「チームプレーのできる選手だ」と高く評価した。一方の木元は、'07年シーズン途中でオリックスにトレードとなり、'09年引退を余儀なくされた。

日ハムの梨田昌孝監督もスタメン起用に前向きな考えを表明。

 田中のケガという緊急事態を、守りのいい飯山裕志を起用してしのぐか、将来を見越して今浪を使うのか。球団フロントは、“中長期的に田中に代わる若手を育てるべき”との判断で、今浪の起用に踏み切っている。今浪は昨年、金子誠の故障の穴を埋め、29試合に出場したが、そのチャンスを生かし切ったとはいえない。「選手を育てあげるには目をつぶって使わなければいけない時期がある」と語ったのは、松井稼頭央、中島裕之を育てた西武の土井正博ヘッドだった。

 日ハムの梨田昌孝監督は「今浪が頑張ることによって、選手層が一枚も二枚も厚くなる」と語り、スタメン起用を前向きに考えている。今浪本人も「こんな絶好のチャンスはない」と周囲の期待を感じており、室内練習場での早出特打ちだけでなく、試合後には体力作りメニューもこなす。「練習はウソをつきません」という今浪。チームのピンチを自らのチャンスに変える男は、チームバッティングに専念することを誓った。

■関連コラム► 振り返ればハムがいる?他球団で活躍する元・日ハム選手達。
► 「リトル」とは呼ばせない。田中賢介の存在感。~日本ハムのリードオフマン~(09/12/09)

関連キーワード
今浪隆博
田中賢介
北海道日本ハムファイターズ

ページトップ