SCORE CARDBACK NUMBER

全日本・武藤社長辞任で
感じた「残念なこと」。
~スーパー・ヘイト暴行事件の余波~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph bySports Nippon

posted2011/07/13 06:00

全日本・武藤社長辞任で感じた「残念なこと」。~スーパー・ヘイト暴行事件の余波~<Number Web> photograph by Sports Nippon

後楽園ホールで、内田新社長と武藤(前列左から3番目)ら全選手がファンに頭を下げた

 6月7日、全日本プロレスは緊急記者会見を行ない、武藤敬司の代表取締役社長辞任と、内田雅之取締役の新社長就任を発表した。5月29日の神戸大会控え室で、スーパー・ヘイトこと平井伸和(フリー)が仲間のTARUから暴行され、試合後に急性硬膜下血腫で倒れた事件の責任をとってのことである。

 開頭手術を受けたヘイト選手は、一命をとりとめたものの、まだ意識が回復していない。暴行現場にいたとされる3選手もTARUとともに無期限出場停止処分を受けている。

 しかし、釈然としない。武藤の引責辞任、フロントの刷新、内田社長による新体制発足で、「全日本の出直し」という姿勢を示したことは十分理解できる。だが、肝心の武藤前社長自身が今回の不祥事に関し、一般のファン、観客に、直接、肉声の謝罪を行なっていないのだ。

“プロレスリングマスター”と呼ばれるほど輝かしい実績を持つ選手である。社長辞任会見で頭を下げ、一選手(取締役)として全日本の建て直しに力を尽くす、と謝意を表したものの、これはあくまでもマスコミを通じたメッセージ。何か一つ欠落したものがあったように思う。

今回の騒動で露わになった武藤・全日本の体質。

 社長辞任から5日後の6月12日、東京・後楽園ホール大会で、所属選手全員がリングに上がり、内田新社長が「これから心機一転、最高のプロレスをご覧いただけるよう精進します」と挨拶し、全員で頭を下げた。だが、ここでも武藤前社長は終始無言のままだった。「プロレスLOVE」を標榜した経営のトップなら、自らの声で詫び、辞任を伝える「誠意」を見せてほしかった。一ファンとしても残念でならない。

 そして奇しくも今回の騒動をきっかけに、武藤・全日本の体質が露になった。馬場・全日本時代からの生え抜き、和田京平レフェリーが突然退団した一件である。6月19日の両国国技館を最後に契約打ち切り、と通告された和田レフェリー。事件が起きた直後に「まず、武藤社長が頭を下げるべき!」と進言したことが解雇の引き金になった。「全日本のファンに申し訳ない。さよならの挨拶をしたかった」と語るリングの番人。まだまだ全日本の裏方を支えてほしかった。今後はフリーのレフェリーとして活動し、「京平コール」は、他団体のリングに響く。

■関連コラム► “破壊王子”橋本大地の苛酷な旅立ちと将来性。~デビュー2カ月を振り返る~
► プロレスリング・ノア 三沢なき方舟。 ~三沢光晴追悼大会レポート~

関連キーワード
武藤敬司
内田雅之
TARU
平井伸和
全日本プロレス

ページトップ