Jリーグ観察記BACK NUMBER

FC東京・平山相太は
190cmのファンタジスタか? 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byMasahiro Ura

posted2009/11/10 10:29

FC東京・平山相太は190cmのファンタジスタか?<Number Web> photograph by Masahiro Ura

高校選手権以来、国立には何かと縁のあるFC東京の平山相太。ナビスコ杯決勝でも貴重な追加点をヘッドで決めた

 FC東京の城福浩監督の言葉に、一瞬耳を疑った。

「平山はファンタジスタの素質を持っているんですよ」

 一般的にファンタジスタといったら、元フランス代表のジダンや元イタリア代表のトッティといった、特別なパスのアイデアを持つ選手を指すだろう。先入観を持ったらいけないのかもしれないが、平山相太のように背が高く、ポストプレーが売りと言われているFWが、ファンタジスタと呼ばれたのは聞いたことがない。

異質なパス感覚がファンタジスタたるゆえん?

 だが、城福監督によると、平山のバイタルエリアでボールを受ける感覚と、前を向いてどこにパスを出すかの感覚は、異質だというのだ。

 これまでの思い込みを捨て、新たな視点で11月3日のナビスコ杯決勝、FC東京対川崎フロンターレを観てみた。すると、確かに平山からファンタジスタのニオイを感じるではないか。ボールを受けるとくるりと反転し、実にDFが嫌がるスペースにパスを出していた。

 たとえば、前半38分、右サイドで赤嶺真吾からのパスを受けた平山が、ワンタッチでDFラインの裏のスペースにスルーパス。走りこんだ赤嶺のシュートは枠を外れたが、決定的なシーンを作り出した。

「ファンタジスタ? 聞いたことありませんよ(笑)」

 はたして平山本人は、自分の「パスを受けて出す」センスをどう見ているのだろう? FC東京がナビスコ杯を制した3日後、東京・小平の練習場で平山に声をかけた。

「え、マジっすか?」

 ファンタジスタという言葉の響きに、最初、平山は驚きを隠さなかった。

「そんな話、(監督から)聞いたことありませんよ(笑)」

 城福監督の方針として、各自の長所をわざわざ呼び出して伝えることはしていない。いくら特別な才能があったとしても、レギュラーを保証できるわけではないからだ。それぞれの個性が伸びて欲しいという思いを、言葉で伝えるのではなく、練習の中のプレーで伝えるのが城福流だ。

<次ページに続く>

► 【次ページ】  FC東京の環境が平山のパスセンスを引き出した。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
城福浩
平山相太
FC東京

ページトップ