野ボール横丁BACK NUMBER

大阪桐蔭・西谷監督の炯眼恐るべし。
中田翔と浅村栄斗、覚醒の理由。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2011/06/01 12:05

大阪桐蔭・西谷監督の炯眼恐るべし。中田翔と浅村栄斗、覚醒の理由。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

2007年のドラフトで佐藤由規(仙台育英高→ヤクルト)、唐川侑己(成田高→ロッテ)と並んで「高校ビッグ3」と呼ばれた中田。尊敬する清原和博に追いつくような選手になれるか?

 やはり恩師の眼力は侮れない。

 2年前、西武の中村剛也の取材で母校の大阪桐蔭を訪ねたときのことだ。監督の西谷浩一は、やたらとルーキーの浅村栄斗のことを推していた。その前年、'08年夏に大阪桐蔭が全国制覇を果たしたときの「1番ショート」で、同じく西武にドラフト3位で入団したばかりだった。

「フレッシュオールスターを見たんですけど、ショートゴロを打ったスイングを見て、1年目にしては『おっ』て。これは案外やるかもなと思った。浅村は今後、ちょっとおもしろいですよ」

 そのときは、さして浅村に関心もなく聞き流してしまったのだが、西谷の予感通り、今シーズン、浅村はブレークしている。

 そしてその浅村以上に熱い期待を寄せていたのは、プロ入り2年目を迎えていた日本ハムの中田翔だった。

 その根拠は、「高校時代は、打者としては素人だった」という点だ。

「中田は本来はピッチャー。松坂ぐらいになると思った」

「中田は本来はピッチャー。2年春にヒジを故障しなければ、すごいピッチャーになっていたはずなんですよ。松坂(大輔)ぐらいになるんじゃないかと思った」

 1年夏、甲子園で4強入りを経験した中田は、続く秋はエースとしてチームを牽引した。しかし、近畿大会の1回戦で敗れ、翌春の選抜大会出場への望みを断たれた。

 そのとき、西谷は中田にこう発破をかけた。

「悔しいか。本気でやるんやったらつきおうたるで。来年夏には、選抜出れへんかったからこれだけすごくなれたんやって、言わせてやろうや」

 そうして秋から冬にかけて、西谷は中田を徹底的に走らせた。すると春先、信じられないようなボールがいくようになった。

 西谷が回想する。

「151キロとか連発してましたから。ウサギが練習したら、こんなんなるんやな、って。どんなピッチャーになるんやろって、ゾクゾクした」

【次ページ】 斎藤佑樹の球は絶対に打てないと分かっていた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
中田翔
浅村栄斗
西谷浩一
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ

ページトップ