Sports Graphic NumberBACK NUMBER

宿沢広朗 「言葉の力で革命を」 ~名監督の原点・ラグビー日本代表監督時代~ 

text by

永田洋光

永田洋光Hiromitsu Nagata

PROFILE

photograph byHirotsugu Okamura

posted2009/10/27 10:30

試合後、記者を前にした宿沢の第一声は「お約束通り、勝ちました」だった

試合後、記者を前にした宿沢の第一声は「お約束通り、勝ちました」だった

1989年5月28日、スコットランド戦勝利。日本ラグビー史上に輝く金字塔は、一人の新人監督の手によって打ち立てられた。
就任わずか3カ月目、チームを一変させた宿沢の手腕を探る。

 あまりにも鮮烈な勝利の記憶は、20年経った今でも輝かしいモニュメントとして、当時を生きた人々のなかに厳然として存在する。

 1989年5月28日、日本代表28-24スコットランド代表。

 日本にラグビーが伝えられてから90年目にして、日本の代表チームが初めて海外列強の一角を破った。世界のラグビーを牛耳ってきた「ビッグ8」=イングランド、スコットランド、アイルランド、ウェールズ、フランス、NZ、豪州、南アのインターナショナル・ラグビーボード(IRB)オリジナルメンバー=を相手に挑むこと28回。積年の悲願を達成したのが、この勝利だった。

「エポック・メーキングなゲーム」と平尾誠二は振り返る。

 スコットランド代表が主力選手を10名欠き、後に同協会がこの試合を正式なテストマッチと認定しなかったとしても、それで勝利の価値が減じられたわけではない。トライ数は日本の5に対してスコットランドが1。内容的には日本の圧勝だった。

「エポック・メーキングなゲームでした。トライ数5-1という勝利は、今後はもうないでしょう。ラグビー自体も変わったから、将来日本が強豪国に勝つとしてもPGで3点ずつ刻むような内容になるでしょうね」

 そう話すのは、このチームでキャプテンを務めた平尾誠二(神戸製鋼コベルコスティーラーズ総監督)だ。

指導経験のない宿沢の監督起用は“バクチ”だった。

 19歳で日本代表に選ばれた平尾は、26歳でこの勝利をつかむまで、善戦と惨敗を繰り返す日本代表に苦い思いを抱いていた。

 何か根本的なところから変革しなければ勝てないんじゃないか――そんな思いでいた平尾にキャプテンを要請したのが、'89年2月に日本代表監督に就任したばかりの宿沢広朗だった。2人はチーム像を話し合って意気投合。返事を保留していた平尾も快諾した。

「宿沢さんは、それまで指導経験がなかったし、英国に駐在していたから日本のラグビーから離れていた。抜擢した日本ラグビー協会にしても、バクチみたいな起用でしょう。でも、そんなバクチを打たざるを得ないところまで日本ラグビーは落ち込んでいたんです」

 当時、6万人を超える観客が押し寄せた早明戦を筆頭に国内は「ラグビー・ブーム」に沸いていた。しかしその陰で日本代表は何の成果も上げられず、ブームから取り残されていた。それが「日本ラグビーは落ち込んでいた」という平尾の言葉が意味するところだ。

 そして、バクチとして起用された宿沢が、監督として初仕事で金星を挙げたことから、日本のラグビーは約3年間、真の意味での全盛期に突入することになる。

<次ページへ続く>

► 【次ページ】 データだけに頼らず、自分の目で敵の本質を見抜いた。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ