欧州CL通信BACK NUMBER

レアルの敵はバルサ+疑惑の判定!?
激闘のクラシコ最終戦を読み解く。 

text by

工藤拓

工藤拓Taku Kudo

PROFILE

photograph byReal Madrid via Getty Images

posted2011/05/05 13:00

レアルの敵はバルサ+疑惑の判定!?激闘のクラシコ最終戦を読み解く。<Number Web> photograph by Real Madrid via Getty Images

復帰戦を勝利で飾ったアビダルが、試合後に胴上げされた。今年3月に肝臓の腫瘍が見つかり摘出手術をしたが、1カ月半という奇跡的な回復でピッチに戻って来た

マンチェスターUvs.シャルケのレビューはこちら ►

 5月3日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝第2レグ、クラシコ4連戦のラストゲームは1-1のドローに終わった。

 最低でも2ゴールを決めなければいけない以上、レアルに残された道は相手からボールを奪って攻める他ない。

 しかも、これまで守備面で重要な役割を果たしてきたペペとセルヒオ・ラモスは出場停止。ケディラもケガで使えないとあれば、過去3戦で用いた4-3-3のトリボーテにはグラネロやエジルといった守備の苦手な選手を使うしかない。

 結局、ベンチ入りが禁じられているモウリーニョが選んだのはトリボーテの継続ではなく、前線にアタッカーを4人並べる基本布陣の4-2-3-1。しかも1トップにイグアイン、トップ下にカカと、いずれも過去3戦では全く出番がなかった2人を先発起用してきた。

イニエスタとアビダルの復帰で勢いづいていたバルサ。

 対するバルセロナは、第1レグを負傷欠場したイニエスタが先発に復帰。

 さらに3月半ばに肝臓がんの手術を受けて以来、1カ月半ぶりの全体練習復帰が前日に発表されたアビダルのベンチ入りというサプライズがあったものの、マスチェラーノとピケをセンターバック、プジョルを左サイドバックに起用する最終ラインと3トップはそのままに、最強メンバーを揃えていた。

 早い時間帯に先制点が欲しいレアルは試合開始から最終ラインをハーフライン近くまで押し上げ、カカがブスケッツ、ボランチのシャビ・アロンソとラサナ・ディアッラがシャビとイニエスタ、両サイドMFが両サイドバックをマンマーク気味に見ながら、アタッカー4人とボランチ2人で高い位置からプレスを仕掛けた。

 モウリーニョの狙いは2つ。

 相手ゴールに近い位置でボールを奪うこと、そしてボール奪取後の速攻を止められた際には一度ボールをキープし、守備に走る時間を減らして体力の消耗を防ぐことだ。

【次ページ】 ハイプレスとポゼッションで真っ向勝負を挑むレアル。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
バルセロナ
レアル・マドリー
欧州チャンピオンズリーグ
クラシコ

ページトップ