SCORE CARDBACK NUMBER

コービーの言葉が招いた、レイカーズの精神的成長。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2008/05/29 00:00

 「私はコービー・ブライアント、チームのキャプテンの1人です。優勝するためにプレーしています」

 コービー・ブライアントはそれだけ言うと、着席した。

 去年10月、ハワイで行われたロサンゼルス・レイカーズのトレーニングキャンプ初日、チーム・ミーティングでのこと。夏の間に崩壊しかけたチームをまとめる第一歩として、ヘッドコーチのフィル・ジャクソンは選手全員に自己紹介をさせたのだった。

 1年前の春、このままでは何年たっても優勝できるチームにならないと思ったブライアントは、チームにトレード要求をつきつけた。チームも一時はトレードの道を探っていたが、条件が合うトレード先が見つからないままキャンプインしていた。そんな状況下だっただけに、ブライアントの言葉は短いながらもいくつものメッセージを含んでいた。それをチャレンジだと受け止めるか、トレード要求の続きだと思うか、それは受け止める側次第でもあった。そして、レイカーズのチームメイトたちは前者の受け止め方をした。半数近くが20代前半と若いが、負けん気だけはブライアントに劣らないものを持っていたのだ。

 シーズンが始まり、変化は目に見えて明らかだった。チームメイトたちは優勝を本気で狙うための努力をし、その成果をコート上で見せ始めた。伸び盛りの若い彼らの成長ぶりはブライアントの想像をも超えていた。

 チャレンジに応えたのは選手だけではない。フロントも2月にパウ・ガソル獲得のトレードをまとめる金星。あれほど遠く見えた優勝が、一気に近づいた。

 面白いことに、チームが成長するとともに、ブライアント個人に対する評価も上がってきた。5月6日には、プロ12年目にして初めてのMVPを受賞している。

 プレイオフ1回戦を4連勝で勝ち抜いたレイカーズは、現在カンファレンス・セミファイナルでユタ・ジャズと対戦中(5月13日現在、2勝2敗)。優勝までの道のりはまだ遠いが、ブライアントには輝くトロフィーがはっきりと見える。何しろ、みんなで揃ってこう言えるチームになったと信じているから。

 「私たちはロサンゼルス・レイカーズ、優勝するためにプレーしています」

■関連リンク► カメロが追いかける“兄貴分”コービーのたどった道。
► コービーが足下で示したさらなる挑戦への姿勢。

関連キーワード
コービー・ブライアント
ロサンゼルス・レイカーズ
NBA

ページトップ