SCORE CARDBACK NUMBER

田中、中村、萩原、シドニー組の明暗。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2004/05/20 00:00

田中、中村、萩原、シドニー組の明暗。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

 4年に一度しかないオリンピックに続けて出ることは難しい。まして世代交代が激しい女子水泳界においてはなおさらだ。先月末に行われた競泳のアテネ五輪代表選考会でも、4年前のシドニー五輪代表選手たちの明暗がくっきりと分かれた。

 シドニーでは100m平泳ぎ6位、200m同7位とメダルを逃した田中雅美は、帰国後しばらく休養し、米国留学で気分転換をはかった。昨年から本格的に第一線に復帰し、同11月には再び渡米して最終調整を行い、選考会に備えていた。ところが最初の100mでは日本水泳連盟が定めた派遣標準記録に 100分の3秒届かず、満員の観客の前で無念の涙を流すはめになった。次の200mで失敗すればアテネはない。絶体絶命の田中を救ったのは、シドニーで苦楽をともにした中村真衣だった。

 シドニーで100m背泳ぎ銀メダルを獲得した中村は、大会3日目に行われた同レースで3位に終わり、五輪切符を逃した。大勢の報道陣に囲まれ、涙ながらに「やっと終わったという感じです」と答えた中村だったが、親友でもある田中の苦戦を目の当たりにするといてもたってもいられず、「私たちはずっと頑張ってきたんだから」と直接アドバイスを送った。この一言でよみがえった田中は最終日の200mで2分26秒12の好タイムをマーク。派遣標準記録を1秒以上上回る意地の快泳で代表の座を射止めた。レース後、田中は100m後の涙とはうって変わって笑顔を振りまき「みんなのおかげで気持ちが吹っ切れました」と振り返った。アテネでは中村の分まで頑張ってくれるに違いない。

 田中のほかにも背泳ぎの稲田法子、バタフライの大西順子らが連続代表の座を手にした。だが、背泳ぎの萩原智子は代表を逃し、引退を表明した。

 萩原はシドニー後に体調を崩し、何度も過呼吸で倒れ、引退寸前まで追い込まれた。そのため長い距離を泳ぐことができず、今回は自由形での出場となった。シドニー組の中ではいろいろな意味で一番苦労した選手だけに、できればもう一度五輪に出てほしかったが、萩原にとっては恐らくこれでよかったのだろう。最後のレースを終えた後、「悔いはありません。すごくスッキリした気分です」と話した笑顔には一点の曇りもなかった。

関連キーワード
田中雅美
中村真衣
萩原智子
オリンピック

ページトップ