SCORE CARDBACK NUMBER

金メダルに一番近い男と5人の"鬼"たちの物語。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2004/06/17 00:00

金メダルに一番近い男と5人の

 猛禽類の眼――。2000年4月、17歳の北島康介が当時のエース・林享を破って日本選手権を制し、シドニー五輪へのキップを手に入れたとき、結果以上に著者の心を捉えたのが彼の眼だった。

「自分の欲しいものへひたすらに向かっていく眼。この眼を見たときに、彼は必ず頂点まで行く、だから追い続けたいと思ったんです」

 そして、北島を育て上げたコーチの平井伯昌もまた、彼の眼に魅せられた人物だった。14歳の北島が持つ〈何者も恐れないというような光のある眼〉〈全身を眼にする感じ〉と出会い、彼を育てる決心をした。

 だが、その後の道のりは平坦ではなかった。所属する東京スイミングセンターで、シドニー五輪へ向けての強化選手に北島を推薦した平井は、他の全スタッフの反対にあう。特に北島の問題点として指摘されたのが、身体の硬さだった。

「これは今まで知られていないことだと思いますが、彼はスポーツをしていない一般成人男子よりも身体が硬い。それを平井さんは、むしろ利点だと考えて、硬さを生かした泳法を開発していく。そこがすごいんです」

 結果が出なければクビ――自らの立場と引き換えに北島を強化することを許された平井の下には、やがて個性的なスタッフたちが集まってくる。

 平井の東京スイミングセンターでの教え子であり、選手としては挫折しながらも、苦学の末に運動生理学の博士号を修得した岩原文彦(戦略分析担当)。元大手光学メーカーの技術者で、水泳好きが昂じて画期的なビデオ分析システムを作り上げた河合正治(映像分析担当)。大学でロボット工学を専攻し、自動車部品メーカーに就職したものの体を壊し退職。紆余曲折を経てトレーナーとなった田村尚之(肉体改造担当)。水泳選手だった学生時代に整体術に惹かれ、働きながら夜間の鍼灸専門学校に通って、のちに治療院を開いた小沢邦彦(コンディショニング担当)。

「メンバーに共通していることがあるとすれば、まず、挫折を知っているということがあると思うんですよ。だから、表面的な意味ではなくて本当の優しさがある。あと、目先の問題にとらわれないこと。ただし、その日その日の妥協は許さない。だから、北島選手は彼らのことを"鬼"だって言うんですけど(笑)。でも、その"鬼"っていう言い方にはすごく敬意が込められている気がして、いいなあと思うんです」

"鬼"たちのサポートの下、北島は着実に成長していった。昨年の世界水泳では100m、200m平泳ぎで共に世界記録を樹立。そして今年、満を持してアテネ五輪に臨もうとしている。

「もちろんアテネはすごく楽しみですけど、この人たちにとっては、あくまでも通過点だろうと思うんです。何せ目先のことにはとらわれない人たちですから。もっと先を見据えているはずです」

 北島と"鬼"たちの視線は、アテネの先、北京へとすでに向かい始めている。"プロジェクト"はまだ道半ばだ。

「"プロジェクト"っていうと、誰が集めたのかとか、どこからお金が出ているのかとか聞かれるんですけど、北島という選手の魅力が人を集めただけで、みんなボランティアなんです。彼で稼ごうなんてつもりはまったくない。プライドを大切に生きる現代のサムライですよ。読者の皆さんには、そのあたりを感じてもらえたらうれしいですね」

ページトップ