欧州CL通信BACK NUMBER

次元が違い過ぎて勝負にならない?
シャルケ対マンUの残酷な90分間。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byMan Utd via Getty Images

posted2011/04/27 12:40

次元が違い過ぎて勝負にならない?シャルケ対マンUの残酷な90分間。<Number Web> photograph by Man Utd via Getty Images

37歳のギグスと競り合う23歳の内田。ギグスは、その長いキャリアのすべてをマンUで過ごし、11度のプレミアリーグ優勝と2度のCLの優勝を経験している伝説的な選手。このマッチアップは、内田の中に何を残すのか……

 次元の異なる戦いとでも評すればいいのだろうか……。世界最高と言われるレベルの大会に勝ったことのある男たちと、初めてベスト4に入ったばかりの選手たち。

 両者に横たわる差はあまりに大きかった。

 アレーナ・アウフ・シャルケの正面玄関を入ったところには、透明なビッグイヤー(CLのトロフィー)の彫刻が置かれていた。VIPが関係者が、ここを通ってスタジアムに入っていく。警備員も誇らしげだ。

「これはね、氷で作った特注品なんだ」

 合言葉は“フットボールの世界では全てが可能”。無邪気に決勝進出を夢見るドイツ人の気分を代弁するかのような氷のオブジェだった。

 しかし、夢は無残に打ち砕かれた。

シンプルに戦うマンUと、硬くなりすべてが後手に回ったシャルケ。

 序盤からマンチェスター・ユナイテッドは落ち着き払った戦いを見せる。3分にはルーニーが左サイドに出て、ボールを受けると中に切れ込んでシュート。6分、またもや左サイド。今度はパクが受け、その外側をエブラがオーバーラップして、マークがずれたところでパクが中に切り込んでシュートを放った。難しいことはせず、シンプルにフィニッシュへとつなげ、リズムをつかむ。

 対するシャルケはどうだったか。ノイアーはこう語る。

「ナーバスになっていたわけではないよ。でも、相手をリスペクトし過ぎたのかもしれない」

 例えば、前半の3分のシーン。左サイドでフラドがボールを受ける。逆サイドにはファルファンがいて、さらにその奥には内田が手を広げている。スペイン人のフラドはシャルケの中で最も巧いと言われる選手だ。しかし、ボールを受けてからしばらくパスを出す相手を探した末、遠くでフリーになっていた内田を見つけ、パスを出した。しかし、そのころには相手がマークを修正。内田へのパスはヘディングでクリアされてしまった。

「いつもは出てきているのにね。やっぱり、中へ、中へ……ポストに当てるボールが多くあったので、ちょっと違うのかなと思いました。まぁしょうがないんですけど」

 試合後に、内田は振り返っている。

前半から、すでにシャルケのDF陣は崩壊し始めていた。

 圧巻だったのは前半15分頃からのマンUの攻めだった。

 14分に左SBサルペイがDFラインを上げそこなった隙をついて、エルナンデスが裏へ飛び出す。フリーでボールを受け、シュートを放つ。26分にもエルナンデスが、28分にはルーニーの飛び出しからの折り返しをギグスが、それぞれフリーでシュートにつなげた。いずれのシーンもシャルケの守護神ノイアーの素晴らしい反応で防いだが、シャルケのDFラインは早くもほころび始めていた。

【次ページ】 インテルより一枚も二枚も上手だったマンUの攻撃。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
マンチェスター・ユナイテッド
シャルケ
内田篤人
マヌエル・ノイアー
ハビエル・エルナンデス

ページトップ