SCORE CARDBACK NUMBER

川崎宗則の欠場が生んだ
本多雄一という副産物。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2007/07/12 00:47

川崎宗則の欠場が生んだ本多雄一という副産物。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

 ソフトバンクの川崎宗則が右手中指骨折から戦列復帰した6月半ば、今後の打順をどう組むか、首脳陣の間で議論があった。昨季のように大村直之、川崎の1、2番に戻すのか、川崎を1番にして好調の大村を別の打順にするのか。

 しかしその中で、本多雄一の2番を変えようという意見はほとんど出てこなかったという。川崎の怪我以来2番打者に定着し、盗塁数、犠打数でリーグトップを争う若い二塁手だ。そのことを伝え聞いた本多は、「信頼されているのが何よりも嬉しい」と素直に喜んでいた。

 もともと本多の2番は苦肉の策だった。出塁率の高い大村の後を打つため、バント、バスター、エンドランと様々なことが要求される。当初は「頭がパニック状態になった」という。そんな時、ミーティングの席上、王貞治監督から「全部うまくやろうとするから無理がある。一つのことをきちんとやればいい」と言われて楽になった。バントだけは絶対に成功させると心に誓い、役割を果たせるようになってきた。

 今年2年目。昨年のキャンプで、杉内俊哉から「リトル(大野城ガッツ)、高校(鹿児島実高)の後輩でメッチャ足の速い選手が入団したんです」と、食事に誘われたことがあった。その時付いてきた礼儀正しい選手が、本多だった。1年目からポスト井口資仁を期待され、森脇浩司・内野守備走塁コーチから明石健志、森本学、稲嶺誉とともにしごかれた。

 ある自主練習で、本多は早出しなかったことを「少しくらい結果を出したからといって調子に乗るな」と森脇コーチから叱責されたことがある。それ以来、一日も休まずノックを受けた。「練習はウソをつかない」という言葉通り、守備も上達し、セカンドのポジション争いで優位に立ったのはそれからのことだった。

 今季初本塁打を放った3月31日のロッテ戦の後、一時的にバッティングが粗くなり、新井宏昌・打撃コーチから「お前はゴロを転がしてなんぼの選手だ」と、怒鳴られたこともあった。近ごろはフライを打ち上げて悔しがる姿をよく見せる。

 川崎の故障というピンチが、チームに思わぬ副産物を生みだした。交流戦ではいまひとつだったソフトバンク、後半戦のカギを握るのは意外とこういう男かもしれない。

関連キーワード
川崎宗則
本多雄一
福岡ソフトバンクホークス

ページトップ