SCORE CARDBACK NUMBER

吉井の思いに応えた仰木監督“男のロマン”。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2005/03/17 00:00

吉井の思いに応えた仰木監督“男のロマン”。<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

 一度クビを言い渡された選手が、その球団と再契約したという例は滅多にない。'94年に長嶋茂雄監督を頼って西本聖が巨人入りしたことがあったが、西本は一軍マウンドに立つことなく引退した。

 オフにオリックスを解雇された吉井理人にチャンスが訪れたのは、合併球団の新監督に、仰木彬が就任したことだった。仰木の殿堂入りのパーティーで、吉井は「僕は仰木監督によってプロの人生を見出された。だから、自分の最後も見届けて欲しい。チャンスを下さい」と直訴。その願いを仰木は受け、吉井を宮古島キャンプにテスト生として参加させた。4月に40歳になる吉井は背番号のないユニフォームで宮古島にやってきた。ブルペンで投げる吉井を見て仰木は「この連中の中で魂の入った球を投げているのが何人いる? 吉井の一球、一球に生活をかけた男の切なさを感じられるのや」と呟いていた。

 吉井もまだまだやれると信じている。昨年の夏、ストレートは144kmを計測。今季の手応えを感じていた。しかし、球団の合併により自由契約に。吉井は「自分が他の連中に比べて本当に駄目なのか」何度も問い返した。答えは「他の選手よりも、不利な点は年をくっていることだけ」だった。「日本で駄目ならば、台湾かメキシコにでも行こう」とも考えた。そんな時、仰木がオリックスの監督に復帰したのだ。

 吉井にとって仰木は特別な存在である。小中学校の先輩、東尾修(元西武監督)を慕い、同じ箕島高校からプロ入りした吉井が近鉄で出会ったのが仰木監督だった。仰木は吉井に河村英文(元オリックスコーチ)から聞いた「スピードがなくても内角を上手に突くことで生きられる」という哲学を授けストッパーに抜擢。この教えが吉井の日米通算107勝を支えてきた。

 仰木も何の話題性もないオリックスにあって吉井の復活劇は“男のロマン”として演出効果があると感じていた。「あいつの生き方には、いまの子にないハングリーさがある。それを感じてくれたら!」と考えたのだ。

 再契約した吉井の年俸は最低保障額となる440万円。それでも吉井は「野球が出来るチャンスがあれば年俸なんていくらでもついてくる」。背番号77にも「監督より大きな番号でいいのかな」と笑っていた。

関連キーワード
仰木彬
オリックス・バファローズ

ページトップ