SCORE CARDBACK NUMBER

難攻不落の巨人を倒したホワイト・タイソン。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph bySumio Yamada

posted2007/05/03 00:00

難攻不落の巨人を倒したホワイト・タイソン。<Number Web> photograph by Sumio Yamada

 ロッキー・マルシアノの生涯不敗記録・49連勝まであと3勝と迫っていた「ロシアの巨人」ニコライ・ワルーエフ(33歳)が、思わぬ苦杯を喫し、世界ヘビー級王座から転落した。4月14日ドイツのシュツットガルトで行われたWBAタイトルマッチで、ウズベキスタンのルスラン・チャガエフ(28歳)に2―0判定負けとは意外である。

 ワルーエフが14年のプロ歴で不敗を維持できたのは、パワー、技術云々よりも、ひたすらそのサイズで相手を圧倒してきたからである。身長7フィート(213cm)、体重319ポンド(144.7kg)は歴代のどの王者よりも大きい。テクニックもあるから、相手が決定打を浴びせるには、パンチがいい角度で届きにくい。「スーパーヘビー級を新設すべきだ」という声さえあったほどである。

 そんな巨人が初めて敗れた。元アマチュア世界王者チャガエフのサウスポースタイルとスピードに戸惑い、左ストレートを度々ヒットされて失点。チャガエフは体重で約41kg、身長で28cmも小柄だから、「小よく大を制す」とはまさにこのことである。

 しかしこれを「番狂わせ」と言っては、チャガエフに対し失礼というものだろう。「ホワイト・タイソン」の異名を持つタシケント出身の英雄は、プロで23勝17KO1分け不敗。アマチュアでは世界選手権大会に2度優勝の実績も持ち、'97年にはキューバの伝説的名選手フェリックス・サボンを破って脚光を浴びた。

 同年にはシカゴ近郊で2度プロの試合に出場し、その後再びアマに戻るという驚くべき経歴もある。常識では考えられないが、同国連盟のドンがAIBA(アマチュア世界ボクシング協会)の実力者で、プロの試合はエキジビションマッチだったとして、短期間のサスペンドだけでアマ復帰を認めたというのである(実際はどのレコードブックもこの2戦をプロの公式試合と記している)。期待されたシドニー五輪では敗退したが、'01年の世界選手権で優勝した際には、大統領から10万ドルもの報奨金を贈られたという。実質すでに立派なプロだったのである。

 不可解なアマ復帰の経緯はともかく、いまや立派なプロ。クレバーなジャイアント・キラーは、今後ウクライナのクリチコ兄弟にとっても脅威となりそうだ。

ページトップ