SCORE CARDBACK NUMBER

映画「レスラー」に重なる
現実の名選手の「末路」。
――97歳をぶち投げた元“帝王”。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNiko Tavernese for all Wrestler photos

posted2009/05/15 06:00

映画「レスラー」に重なる現実の名選手の「末路」。――97歳をぶち投げた元“帝王”。<Number Web> photograph by Niko Tavernese for all Wrestler photos

 6月上旬公開予定、ミッキー・ローク主演の映画「レスラー」の評判がいい。米国のメジャーWWEで活躍していたTAJIRIは「仲間が出ているから懐かしくって」と、笑顔で言った。

 栄光からドン底へ――。ストーリー自体はありきたりだが、ミッキー・ロークの演技が光る。プロボクサーに転向し、'92年6月23日、両国国技館で無名のダリル・ミラーに1R2分8秒でKO勝ちを収めたが、あの猫パンチで嘲笑を買い、スクリーンからも転落した彼の人生とダブって見えるのだ。ドン詰まりの状態を、身を削って見事に表現していた。さすがアカデミー賞の主演男優賞にノミネートされただけのことはある。

プロレスラーの生態を見事に描いた力作。

 監督のダーレン・アロノフスキーは、プロレスというボーダレスの世界をよく理解している。憎らしいほどプロレスラーの生態をとらえているのだ。中でも、ローク演じるレスラー、ランディ・ザ・ラムがいたくリアルに迫ってくる。

 たとえばランディは左耳に補聴器をつけているが、現実でも、ベテランや引退した選手には耳の遠い人が多い。試合で鼓膜が破れるケースがよくあり、難聴はいわばレスラーの職業病なのだ。メガネ(老眼鏡?)をかけて娘に電話するシーンにも、説得力があった。

 これは知る人ぞ知る話だが、実は'70年代に同名の映画「THE WRESTLER」が自主製作されている。製作・主演は、“AWAの帝王”バーン・ガニア(83)。ガニア自身の他に、ビル・ロビンソン、ニック・ボックウインクル、ダスティ・ローデスなど当時のスター選手総出のサクセス・ストーリーだった。

“帝王”バーン・ガニアの転落人生。

 '73年10月、二度目の来日を果たしたガニアは、この作品を売り込むべく、東京12チャンネル(現・テレビ東京)に出向いた。故・阿部修レフェリーが通訳として同伴し、局側と交渉に当たったが、配給会社を通さずに商談が成立するわけがない。結局、日本では幻の作品に終わった。

 そのガニアが今年、養護施設内で97歳の男性をぶち投げ、殺人罪に問われたという記事に触れた。あのガニアが認知症とは!? 老いは切なく、悲しい。

 ともあれ、今回の映画は、様々な実在のレスラーの姿と重ねて見ることができる。あなたはこの作品から、どんなレスラーを連想するだろうか――。

※ 映画『レスラー』は、6月13日よりシネマライズ、TOHOシネマズシャンテ、シネ・リーブル池袋ほかで全国公開。

■関連リンク► レスラーとマカロニサラダ。~映画『レスラー』に寄せる思い~
► インディーの若き旗手、ドラゴンゲートの大躍進。

関連キーワード
バーン・ガニア
ランディ・ザ・ラム
WWE

ページトップ