SCORE CARDBACK NUMBER

インディーの若き旗手、ドラゴンゲートの大躍進。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph by

posted2009/04/15 07:00

 久しぶりに見る超満員の観客席は気持ちがいい。両国が満員になるのは昨年8月の新日本G1クライマックス決勝戦以来のことだ。

 嵐のような空模様だった東京マラソン当日の3月22日、ルチャ系の人気団体ドラゴンゲートの東京・両国国技館初進出となる大会が、1万1500人(主催者発表)の観客動員数を記録し、他団体の関係者を驚かせている。

関西プロレス界の雄として列島制覇ばく進中!

 神戸を本拠地とする新興団体ドラゴンゲートは、ウルティモ・ドラゴン主催の闘龍門から発展、分派し'04年7月に設立された。若さとスピード感あふれるスタイルが売りで、個性豊かなキャラクターがそろっている。エースのCIMA、B×Bハルクらのイケメンを目当てに、若い女性客が圧倒的に多い。口さがない者たちは「大阪プロレス(スペル・デルフィン創設)が吉本興業なら、ドラゲーは宝塚だね」と言うが、その興行能力はすさまじい。300~500人収容の会場から愛知県体育館、大阪府立などの大会場まで関西を中心にサーキットしながら、列島制覇の夢を広げつつある。年間試合数は200強と、馬場・猪木の日本プロレス全盛期を思わせる過密スケジュールなのだ。所属選手が個々にチケットを売りさばく営業手法は、メジャー団体にとって脅威ともなっている。

行列のできるプロレス団体。国技館の定期開催を宣言

 この日も、詰めかけたお客の整理がつかず、JR両国駅まで長蛇の列。午後5時だった試合開始時間を15分遅れさせる処置を取り、急遽バックステージの黒い幕を外し、スタンド席に客を入れるという嬉しい応急手当まで行った。

 1万1500人という数字は今年国技館で開催された2・15新日本(9300人)、3・14全日本(8700人)を上回る。昨年12月に福岡国際センターを7000人の超満員にした営業能力の高さをまざまざと見せ付けた。

「来年も再来年もやりますよ」

 初興行の大成功に、岡村隆志社長は国技館の定期開催までぶち上げる喜びようだった。

 高木三四郎率いるDDTも新日本のG1の後の8月23日、両国国技館初開催を発表した。インディーの底力は侮りがたい。メジャーとインディーの興行合戦がプロレス復興の起爆剤となってほしいと願うばかりだ。

■関連リンク► 王道と一線を画した全日本が見せる活気。
► 逆風をばねに輝きを増すノア。

ページトップ